1. Fily
  2. Food
  3. Recipes
  4. トマト加熱レシピ13選!温かくておいしい簡単トマト料理を紹介

トマト加熱レシピ13選!温かくておいしい簡単トマト料理を紹介

公開日

更新日

トマト加熱レシピ13選!温かくておいしい簡単トマト料理を紹介

トマトをサラダばかりで食べていませんか?うまみ成分の働きで、トマトは加熱すると美味しさが倍増します。また、油で加熱することで栄養面でもメリットがあります。そこで本記事ではトマトを加熱したレシピを紹介します。昼食や夕飯の献立にお役立てください。

トマトってどんな野菜?

中南米のアンデス高地が原産地といわれ、日本に入ってきたのは17世紀ごろと考えられています。一般的に広まったのは昭和に入ってからです。現在では非常に人気の高い野菜で、糖度の高いフルーツトマトやカラフルなミニトマト、加熱に適した調理用トマトなど、さまざまな品種が登場しています。

トマト特有成分リコピン

トマトはヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれるほど、栄養が豊富に含まれる野菜です。

特記すべきは、トマトの独自成分リコピン。リコピンは有害な活性酸素の働きを抑える強い抗酸化作用があり、老化や生活習慣病の予防に役立つといわれています。

そのほかにも、血糖値の上昇を抑えるクエン酸や、美肌につながるコラーゲンの生成を手助けするビタミンC、リコピンと同じく抗酸化作用があり老化防止などにつながるβ-カロテン(ビタミンA)など様々な栄養素が含まれています。

トマトは生も加熱も◎

生で食べることが多いトマトですが、油と一緒に調理することで、リコピンとβ-カロテン(ビタミンA)など脂溶性の栄養素の吸収力が上がります。さらに、トマトは加熱するとうまみ成分であるグルタミン酸の働きで、風味が向上します。イノシン酸を多く含むお肉やお魚類と合わせて調理すると、より深い味わいに。

一方、加熱によってビタミンCは失われてしまうデメリットもあるので、日によって調理法を変えるのがおすすめです。

抗酸化作用のあるリコピンやβ-カロテン、ビタミンCは、同じく抗酸化作用のあるビタミンEと一緒に摂取すると効果が継続します。ビタミンEを含む食材は、アーモンドをはじめとしたナッツ類、モロヘイヤ、西洋かぼちゃ、エビなどです。

ちなみに、乾燥させた「ドライトマト」は、水分がとんでいる分、栄養素が凝縮されています。少量で多くの栄養を摂ることができます。

トマトの加熱レシピ〈副菜〉

トマトの加熱副菜レシピを紹介します。

Filyのレシピはすべて小麦粉・乳製品・白砂糖不使用です。

トマトソテー

トマトを切って焼き色をつけるだけの簡単トマトソテーです。味付けは塩こしょうだけでシンプルに仕上げました。あと一品欲しいときにさっと作れるおすすめレシピです。

パセリには、β-カロテンやビタミンC、ビタミンK、カリウム、鉄などが含まれています。

仕上げにオリーブオイルをかけても美味しくいただけます。

トマトソテーのレシピはこちら

ミニトマトのしょうゆ炒め

ミニトマトをシンプルな味付けで炒めたひと品。ミニトマトはサラダなど生で食べることが多いかと思いますが、炒めると甘みが増すのでおすすめです。

オリーブオイルとしょうゆの相性は実は意外にも◎。しょうゆの口当たりがオリーブオイルでまろやかになります。

ミニトマトのしょうゆ炒めのレシピはこちら

トマトスープ

具材はキャベツとトマトだけのシンプルレシピです。トマトの甘みと酸味がつまった一品をぜひお楽しみください。

こちらのレシピではカットトマトを使用しています。

トマトスープのレシピはこちら

ミニトマトのエスニック風春雨スープ

レモンがきいたさわやかなエストニック風のスープです。タイの定番調味料であるナンプラーを使った本格風味ですが、とても簡単に作れます。

搾りたてレモン果汁を使うとさわやかで美味しく仕上がります。

ミニトマトのエスニック風春雨スープのレシピはこちら

トマトの加熱レシピ〈主菜〉

次に、トマトの加熱主菜レシピを紹介します。

トマトの肉巻き

加熱されたトマトは甘みが増して美味。塩・こしょうのシンプルな味付けでいただきます。普段のディナーにもおもてなし料理にもおすすめです。

豚肉には日本人が不足しがちなビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は糖質がエネルギーになるのをサポートする栄養素で、疲労回復や太りにくい体づくりの効果が期待できます。また、豚肉の油で、トマトのリコピンやβ-カロテン(ビタミンA)の吸収力がアップします。

巻き終わりを下にして、しっかり焼きましょう。

トマトの肉巻きのレシピはこちら

トマトの酢豚

たっぷりのトマトでさっぱり味に仕上げました。豚肉は揚げずに、フライパンで焦げ目が付くまで焼きました。ごはんとよく合います。

てんさい糖を使うことで、まろやかな甘さに仕上がり、コクも増します。

トマトの酢豚のレシピはこちら

トマトと牛肉のマリネ

牛肉入りトマトマリネです。牛肉の旨味とトマトの酸味がマッチ。

こちらのレシピでは生姜を使っています。生姜の辛み成分であるジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンには、新陳代謝を上げる作用が期待できます。牛肉にはビタミンB群が豊富で、糖質、脂質、タンパク質の代謝に関わります。

トマトと牛肉のマリネのレシピはこちら

豚ひきとトマトの重ね焼き

ジューシーな豚ひきとトマトの酸味の相性が◎。このレシピでは植物性チーズを使っています。

このレシピには玉ねぎと豚肉を使っていますが、この2つは栄養面でとてもよい組み合わせ!玉ねぎに含まれる硫化アリルは、豚肉に豊富に含まれるビタミンB1の吸収を助けます。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるのをサポートします。

焦げそうなら、途中アルミホイルをかぶせましょう。

豚ひきとトマトの重ね焼きのレシピはこちら

トマトと豚バラのソース炒め

トマトとウスターソースの相性が◎。トマトの酸味でさっぱりとした味わいの炒めものに仕上がっています。

豚肉に片栗粉をまぶすことでとろみがつきます。

トマトと豚バラのソース炒めのレシピはこちら

トマトの加熱レシピ〈主食〉

最後に、トマトの加熱主食レシピを紹介します。

トマトソース

様々な料理に使える万能トマトソースのレシピです。オリーブオイルとガーリックの風味が豊かなソースです。玉ねぎと同じくにんにくにも硫化アリルが含まれ、ビタミンB1の吸収率を高めます。

トマトソースのレシピはこちら

こちらのトマトソースを使ったレシピには下記があります。

トマトのキムチ春雨

トマトとキムチは意外にも相性◎。炒め合わせるだけで簡単に作れます。

春雨は、緑豆やじゃがいも、さつまいもに含まれるでん粉からできていて、栄養素のほとんどが炭水化物。ごはんの代わりになるひと皿です。

豚肉に味をしっかりと染み込ませるのがポイントです。

トマトのキムチ春雨のレシピはこちら

トマトドリア

チーズとトマトが相性抜群です。このレシピでは植物性チーズを使っています。にんにくがアクセント。

完熟トマトを使うのがおすすめです。

トマトドリアのレシピはこちら

トマトたっぷりドライカレー

野菜の旨みと栄養たっぷりの一品です。ガラムマサラを加えた風味豊かなドライカレーです。

ガラムマサラとは、インド料理でよく使われるミックススパイスです。通常は3〜10種類のスパイスが配合されます。ガラムマサラを加えることで、ちょっと本格的な味を楽しむことができます。さらにローリエも加えることで風味良く仕上がります。

熟したトマトを使うのがポイントです。トマトの甘味と酸味がカレーの美味しさを際立たせます。

トマトたっぷりドライカレーのレシピはこちら