1. Fily
  2. Food
  3. Encyclopedia
  4. ししとうの美容効果とは?辛さが肌によい?おすすめレシピも紹介

ししとうの美容効果とは?辛さが肌によい?おすすめレシピも紹介

公開日

更新日

ししとうの美容効果とは?辛さが肌によい?おすすめレシピも紹介

ししとうにはどんな栄養が含まれており、どんな美容効果が期待できるのでしょうか?この記事ではししとうの美容効果を深掘っていきます。

ししとうの美容効果が期待できる栄養素

β-カロテン(ビタミンA)

皮膚や粘膜を健康にする

β-カロテンは、体内で必要量がビタミンAに変換されます。ビタミンAとしての働きを促すにはミネラルの亜鉛、ビタミンB群のナイアシンも必要になります。

ビタミンAは、皮膚や目、口、喉、内臓などの粘膜を正常に保つ働きがあります。肌の細胞の形成にも必要なビタミンで、肌のターンオーバーを促進します。正常化させ、乾燥肌やニキビ肌の改善が期待できます。ターンオーバーが正常化させることで、古い角質や毛穴の老廃物が排出され、シミやそばかす、くすみが改善され、ニキビ予防にも繋がります。また紫外線によりダメージを受けた肌細胞の修復と、紫外線の防御の効果もあります。

ビタミンAが不足すると、肌が荒れたり、髪の潤いが不足し、細菌に感染しやすくなります。

アンチエイジング

体内でビタミンAに変わったβ-カロテンは、体内で活性酸素の働きを抑え、活性酸素を取り除く抗酸化作用があります。体内の老化を防ぐほか、生活習慣病などの予防にも効果があるとされます。ビタミンAは肌に限らず身体全体のアンチエイジングに関わります。

ビタミンC

コラーゲンの合成に必要不可欠

ビタミンCはたんぱく質からコラーゲンを合成するのに必要不可欠な栄養素です。身体を作っているたんぱく質の30%がコラーゲンで、細胞と細胞を繋ぐ接着剤のような役割を果たしており、皮膚や血管、筋肉、骨などを丈夫にします。コラーゲンは表皮の下層に位置する「真皮」の主成分で、肌のハリや弾力を保つ働きがあります。

アンチエイジング

ビタミンCの強い抗酸化力があり、細胞を酸化から守りアンチエイジングに繋がります。白血球を活性化させて免疫力を高める作用もあります。

さらには抗ストレスビタミンと言われているように、ストレス時に副腎に働きかけてアドレナリンの分泌を促す作用もあり、ストレスを撃退します。ストレスも美容にとって大敵ですので、ストレスを撃退してくれるビタミンCは美容を意識するうえで、とても大切な栄養素です。

メラニン色素の生成の抑制

日焼けは皮膚のアミノ酸の一種であるチロシンが酸化され、メラニン色素に変わるのが原因です。ビタミンCの抗酸化作用はメラニン色素の生成を抑え、日焼けの予防に役立つとされます。

多くの動物が体内でビタミンCを合成することができますが、人間は合成に必要な酵素がないため食品から摂取するしかありません。ビタミンCは吸収率が高いですが、一定量を超えると吸収されないまま排出されてしまいます。1日100〜200mg程度摂取すると吸収率は80〜90%と高いですが、1g以上摂取すると50%以下に低下します。

ビタミンB1

糖質の代謝をサポート

食事から摂取された糖質は、酵素の働きで分解されてエネルギーに変わります。この酵素を働かせるために必要な補酵素の役割をするのがビタミンB1です。日本人は昔から米を主食としているので、ビタミンB1が不足している人が多いです。ビタミンB1をしっかり摂取することで太りづらくなりダイエット効果が期待できます。

ビタミンB2

脂質の代謝を助ける

ビタミンB2は動物性食品に多いビタミンですが、植物性食品にもわずかに含まれています。ビタミンB2は炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質の三大栄養の分解に働きます。特に脂質の代謝を助けます。そのため太りにくい身体づくりに効果が期待できます。ビタミンB2が不足すると、脂質が体内に蓄積されやすくなるため、太りやすくなり、ニキビが増える原因のひとつになります。

発育を促進させる

ビタミンB2は別名「発育のビタミン」ともよばれています。これはたんぱく質の合成を助けて、皮膚や髪、爪などの細胞の再生と新生をサポートするためです。
過酸化脂質の分解を助ける
ビタミンB2は老化や生活習慣病の原因となる過酸化脂質を消去する働きにも関わりがあります。過酸化脂質とは、不飽和脂肪酸が活性酸素などにより酸化されてできる物質のことです。ビタミンB2は過酸化脂質を分解する酵素の働きを助けます。

カリウム

むくみ防止

カリウムは98%が細胞内液に存在し、心臓機能や筋肉機能の調節、細胞内の酵素反応の調節など、様々な効果があります。腎臓でナトリウムが再吸収されるのを抑制し排泄を促進する働きがあるため、血圧を正常に保ちます。また、心臓や筋肉を動かし、熱中症やむくみの予防、また不要な老廃物を体外へ出す働きもあります。

カプサイシン

代謝促進

赤いパプリカの赤色は、このカプサイシンの色です。カプサイシンは、体脂肪の分解を促進するアドレナリンがエネルギーの代謝をする作用を活発にする効果があるため、効率よく脂肪を燃焼させることができます。また、エネルギー代謝を活発にすることで体温が上昇して、発汗が促進されます。

美肌効果

また、カプサイシンには高い抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果も期待できます。さらに上述したように代謝が促進するカプサイシンの効果は、皮脂の分泌を調整する作用もあります。そのため肌がきれいになる効果が期待できます。

ししとうの三大栄養素

ししとうの三大栄養素は?

可食部100gあたり

  • エネルギー…24kcal

  • 水分…91.4g

  • たんぱく質…1.9g

  • 炭水化物…5.7g

  • 脂質…0.3g

  • 食物繊維…3.6g

糖質は2.1gです(炭水化物から食物繊維を引いた値)。

他の野菜と比べると?

  • トマト:糖質3.7g、20kcal

  • ピーマン:糖質2.8g、20kcla

  • じゃがいも:糖質8.4g、59kcal

  • 西洋かぼちゃ:糖質17.1g、78kcal

です。ししとうは野菜の中で、低カロリー低糖質であるのが分かります。

ちなみにごはん(白米)の糖質は100gあたり35.6g、カロリーは156kcalとなっています。チョコレートの糖質は、ミルクチョコレートの場合100gあたり51.9gで550kcalにもなります。

ししとうの美容効果が期待できる食べ方・調理法

油で炒めてビタミンの吸収UP!

ししとうに含まれているビタミンAとCは脂溶性なので、油脂と相性が良く、吸収を促進してくれます。例えば、にんにくと油で炒め物にしたり、マヨネーズや胡麻で和えて食べるなど工夫して食べてみましょう。しかし、油を摂り過ぎてしまうと、ニキビや肥満の原因になりますので、注意しましょう。

たんぱく質と一緒に摂ることで美肌効果アップ

前述した通り、ビタミンCはたんぱく質がコラーゲンになるのに必要不可欠な栄養素です。ししとうにはビタミンCも含まれているので、たんぱく質が豊富な食材と食べ合わせましょう。

また、カルシウムはたんぱく質が豊富な食材と一緒に取ることで、筋肉の修復や合成を促進しやすくなります。いんげんを豚肉の薄切り肉で巻いて焼く、鶏ひき肉と一緒に炒め煮にするなどがおすすめです。

ししとうの美容効果が期待できるレシピ

最後に美容効果が見込めるおすすめレシピを紹介します。

Filyのレシピはすべて小麦粉・乳製品・白砂糖不使用です。

ししとうとじゃこの炒め煮

ししとうの辛味とじゃこの香ばしさがおいしいひと品です。しっかりとした味付けがごはんとよく合います。

ちりめんじゃこはたんぱく質が豊富です。大豆の約1.2倍で、カロリーは半分です。カルシウムやビタミンDも豊富で、骨の健康維持や免疫力の向上が期待できます。

ししとうとじゃこの炒め煮のレシピはこちら

かぼちゃとししとうの煮物

かぼちゃは柔らかくなるまでしっかり煮込みます。ししとうのほろ苦さと、かぼちゃの甘みのコントラストが好相性です。

このレシピではアガベシロップを使用しています。アガベは、一般的な砂糖(上白糖、白砂糖)の1.3倍の甘さがあるのにもかかわらず、カロリーは75%で、血糖値の上がりやすさは1/5です!

かぼちゃは皮を下にして鍋に入れることで、かぼちゃ全体にまんべんなく火が通ります。

かぼちゃとししとうの煮物のレシピはこちら

チキンとししとうのガーリック炒め

鶏肉とししとうは相性抜群。ガーリックの風味で箸が進みます。

ししとうに含まれるビタミンCは、鶏肉に含まれるたんぱく質がコラーゲンになるのに必要不可欠な栄養素です。コラーゲンは細胞と細胞をつなげる役割をし、美肌効果が期待できます。

チキンとししとうのガーリック炒めのレシピはこちら