1. Fily
  2. Fashion
  3. 【予算3万円】メンズブレスレット人気ブランド21選。ハイブランド以外も紹介

【予算3万円】メンズブレスレット人気ブランド21選。ハイブランド以外も紹介

公開日

更新日

【予算3万円】メンズブレスレット人気ブランド21選。ハイブランド以外も紹介

本記事では、予算3万円で購入できるメンズブレスレットを手掛けているブランドを紹介します。

ブレスレットについて

手首につけるアクセサリー

ブレスレットとは、手首や腕につける帯や鎖などの輪っか状になっているアクセサリーの総称で、「腕輪」とも呼ばれます。

ブレスレットが使われるようになったのは、紀元前3000年頃の古代エジプトといわれており、非常に古い歴史をもつアクセサリーの一つです。日本でも縄文時代には、貝殻で作られた「貝輪」がすでに使われていたことがわかっています。

ブレスレットが誕生した当初は、宗教や呪術的な意味で使われていたといわれていますが、現在はおしゃれを楽しむアクセサリーの一つとして世界中で使われています。

バングルとの違いは?

バングルはブレスレットの一種です。

一般的に留め具がついているのに対して、留め具がなく外枠の形が変化しないブレスレットが「バングル」と呼ばれます。

しかし、バングルもブレスレットの一種なので「ブレスレット」と呼ばれることも多いです。

ちなみに、ブレスレットと名前が似ている「アンクレット」は、足首につけるアクセサリーのことをいいます。

他にはどんな種類がある?

ブレスレットには、バングル以外にも様々な種類があります。

例えば、チェーンが連なっているタイプの「チェーンブレスレット」、中心にプレートがついている「プレートブレスレット」、革を用いて作られた「レザーブレスレット」などがあります。

その他にも、ダイヤモンドが一連にセットされた「テニスブレスレット」、チャームがついた「チャームブレスレット」、天然石などを等間隔に並べた「ステーションブレスレット」、蝶番のような開閉式の留め具が付いた「ヒンジブレスレット」など様々です。

右手と左手どっちにつける?

ブレスレットを右手と左手どちらにつけるべきか迷ったことがある方も多いと思いますが、右手と左手どちらでも大丈夫です。

右手は、エネルギーを放出するといわれています。また、左脳と繋がる手であるため、思考力や行動力が上がるといわれているため、大事な場面など自分自身の力を発揮したいときにおすすめです。

左手は、反対にエネルギーを吸収するといわれています。そのため、気持ちを落ち着けたい場合や恋愛運や健康運といった運気アップをしたい場合におすすめです。

右利きの方は左手につけるといったように、実用性を考えてつける手を決めるのも◎

ブレスレットの選び方

素材から選ぶ

ブレスレットに限らず、アクセサリーを選ぶ際、一番大きいのは素材の違いでしょう。見た目はもちろん、素材次第で値段も大きく変わります。また、金属アレルギーがある場合にはその素材を避ける必要があります。

モチーフだけでなく、素材も印象を大きく左右します。希少価値が高いものの変色や錆びに強いプラチナや、華やかな輝きを放つゴールド系、カジュアルな装いによく合って使いやすいものの劣化しやすいシルバーなどがあります。

デザインから選ぶ

ブレスレットのデザインは豊富で、様々なデザインがありますが、宝石や天然石の色合い、モチーフの形で選ぶという方も多いですよね。また、すでに紹介した通り、素材の種類もデザインの違いに大きく関係します。

天然石や宝石などのモチーフは存在感があり良く目立つため、身に着けた時に印象が大きく変わるので、一番大きな要素とも言えます。定番の星形以外にも四つ葉のクローバーや馬蹄形、動植物、幾何学模様など様々なモチーフがあります。

なお、十字架などモチーフのデザインは好き嫌いがあるので、プレゼントの場合は注意が必要です。

サイズから選ぶ

ブレスレットはサイズも重要です。

男性の場合基本的には18センチ〜21センチが一般的な大きさで、手首周りの長さ+1センチ〜2センチの大きさを選ぶのが良いといわれています。

例えば、手首周り+1センチであれば、ぴったりめの大きさなので、きちっとした印象を与えます。ただし、留め具があるタイプだとつけにくいと感じる方も多いです。

手首周り+1.5センチは、少しゆとりができるので、留め具のつけはずしもしやすく、日常使いしやすいです。
手首周り+2センチは、かなりゆとりができるので、手元が華奢に見えます。ブレスレットの存在感もでるのでおしゃれを楽しみたい人にも◎

使用場面(TPO)で選ぶ

ブレスレットは、普段使い以外にもパーティーなどの服装規定があるような場面で身に着けることもできます。そのため、使用場面に合わせて選ぶという方も多いです。

例えば、結婚式にブレスレットを使いたいといった場合は、上品でさりげないものを選ぶのが良いでしょう。パールや翡翠といった落ち着いた輝きのブレスレットを選ぶのもおすすめです。

渡す相手の好みや年代から選ぶ

ブレスレットをプレゼント用に選ぶ場合、当たり前ですが自分の趣味を押し付けるのではなく、渡す相手の好みや年代を考えて選んでみましょう。

普段よく合う相手ならばさりげなく服装をチェックしてみましょう。華やかなものを好む方や、シンプルなものを好む方など、人の好みは様々です。過去に一緒に撮った写真などを振り返ってみても良いでしょう。

価格から選ぶ

ブレスレットをなかなか選ぶことが出来ないときは、価格から選ぶのも手です。膨大な種類がありますが、通販サイトなどで探す際は価格を絞るとぐっと探しやすくなります。

また、プレゼント用でも価格を考慮するのはとても大事なことです。友人などの知り合いに高価すぎるものを渡してしまうと相手が負担に感じてしまうかもしれません。過去にプレゼントをもらったことのある相手ならば、同じ価格帯にするのがおすすめです。

ブランドから選ぶ

信頼がおける有名ブランドから選ぶという方法もあります。ブランドによってデザインの特徴や価格帯があるので、好みのデザインや予算の限度がある場合には欲しいブランドを先に決めるとスムーズに決められます。

また、修理やクリーニングなどのアフターサービスもしっかりしているブランドであれば長く愛用することが出来ます。

予算3万円メンズブレスレットブランド【ジュエリー】

まずはじめに、予算3万円で購入できるメンズブレスレットを手掛けている、ジュエリーブランドを紹介します。

LION HEART(ライオンハート)

LION HEART(ライオンハート)は、1996年に設立された日本のアクセサリーブランドで、主にメンズ向けのアクセサリーを提供しています。

比較的リーズナブルな価格帯と強さを感じるエッジの効いたデザインで若者を中心に幅広い支持を受けています。アーティストや芸能人とのコラボレーションアイテムを多く発表し、ファッションブランドとのコラボレーションアイテムも展開しており、多彩なアクセサリーがラインナップされています。

幅広い価格帯のアクセサリーが揃っているので、予算に合わせて選びやすいでしょう。

SYMPATHY OF SOUL(シンパシーオブソウル)

SYMPATHY OF SOUL(シンパシーオブソウル)は、日本のアクセサリーブランドです。

シンパシーオブソウルでは、「心と時代に共鳴するジュエリー」をブランドコンセプトに長く愛され続けられるアクセサリーを数多く手掛けています。

シンパシーオブソウルのアクセサリーは、メディアに取り上げられることも多く、トレンドに敏感な男性からも高い人気を得ています。ブレスレットにおいては、落ち着いたデザインが多いので、長く使い続ける方が多いです。

PUERTA DEL SOL(プエルタ・デル・ソル

PUERTA DEL SOL(プエルタ・デル・ソル)は、1995年に誕生した日本のアクセサリーブランドです。

ブランドを立ち上げたのは、レディースジュエリーの原型制作に携わっていた経験のあるデザイナー平野智靖 (Tomoyasu HIRANO)氏です。ブランド名の「PUERTA DEL SOL」は、スペインにある地名が由来になっていて「太陽の門」という意味があります。

「ROCK&LUXURY」をブランドコンセプトに作られた様々なアクセサリーは、男らしさをプラスしてくれるデザインになっていて、ブレスレットにおいても例外ではありません。ロック好きの男性にも人気です。

GIGOR (ジゴロウ)

GIGOR (ジゴロウ)は、日本のシルバーアクセサリーブランドです。

ジゴロウでは、性別や時代に左右されることなく使えるアクセサリーを数多く手掛けています・優美な曲線やシルバーの光沢はジゴロウならではで、まさに日本を代表するシルバーアクセサリーブランドといえます。
デザイン性が高く品質も高いので、本物志向の男性におすすめです。

TOM WOOD(トム・ウッド)

TOM WOOD(トム・ウッド)は、デザイナーのモナ・ヤンセン(Mona Jensen)によって2013年にノルウェーの首都オスロで立ち上げられたブランドです。

近年では、国内のセレクトショップや雑誌などで多く取り上げられ、注目度が増してるブランドです。

ジュエリーは、丸型や四角い台座に家紋等の刻印が施された「シグネットリング」を現代的に再解釈したリングコレクションが有名で、程よいエッジとエレガントさのあるデザインが人気です。日常の装いから特別なイベントまで幅広く着用でき、シンプルさゆえにトレンドに左右されない魅力があります。

UNKNOWN.(アンノウン)

UNKNOWN.(アンノウン)は日本のアクセサリーブランドです。

アンノウンでは、モチーフや柄を取り入れないシンプルでミニマルなデザインのアクセサリーを手掛けています。モチーフや柄を取り入れないことで、シルバーやゴールドといった素材の良さが十分に活きたハイセンスなアイテムとなっており、男女兼用で使えるアイテムも多く取り揃えています。

また、原型から仕上げまでデザイナー自身が手作業で制作しており、唯一無二のアイテムが比較的手の届きやすい価格でGETできるのも魅力の一つです。

LONE ONES(ロンワンズ)

LONE ONES(ロンワンズ)は、1996年に誕生したアクセサリーブランドです。

ロンワンズの創業者であるレナードカムホート/ロンワンズは、クロムハーツ創業時のメンバーのひとりでもあり、ロンワンズはクロムハーツと並ぶシルバーアクセサリーの世界三大ブランドとして人気です。

男らしさを感じる力強いデザインをはじめ、大人の男性の魅力を引き立てる繊細なデザインまで様々で、品質も高いため本物志向の男性からも絶大な支持を得ています。

WOLFMAN BRS(ウルフマンブラザース)

WOLFMAN BRS(ウルフマンブラザース)は、1980年代に誕生したブランドです。

ウルフマンブラザーズはバンドマンによって立ち上げられたブランドで、音楽活動を通じて知ったアメリカンの文化や宗教、スコットランドの先住民族の伝説などからインスパイアされた様々なデザインのアイテムを数多く手掛けています。

ブランド名にもあるように狼をメインモチーフとしており、そこにケルト戦士の伝説などを融合させています。デザイン性が高く、幅広い年齢層の男性から人気があります。

DAgDART(ダグダート)

DAgDART(ダグダート)は、1999年に神戸で誕生したメンズ向けシルバーアクセサリーのブランドです。

このブランドの名前は金属を超越した革新的なアクセサリーを表現するために造られた造語で、独創的なアクセサリーへと変身するという意味を込めています。

DAgDARTは工房、店舗、受注、発送業務事務所を同じビル内に持っており、手がける製品は過程の途中で一度鋳造業者に依頼する以外は、デザインから仕上げまで自社で手がけています。また、購入者のニーズやアフターケアにも細やかに対応しています。

男女兼用で使えるブレスレットも豊富に手掛けているので、お揃いにも◎

予算3万円メンズブレスレットブランド【ファッション】

続いて、予算3万円で購入できるメンズブレスレットを手掛けているファッションブランドを紹介します。

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)は、イタリア・ミラノに本社を置くファッションブランドで、1975年にジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)によって設立されました。ブランドはメインとなるアパレル、化粧品のほか、リゾート開発、高級レストラン、チョコレート商品など多岐にわたります。

「アルマーニ」というブランドはなく、メインブランドの「ジョルジオ・アルマーニ」(GA)と、工場生産品が主で比較的手ごろな価格の製品が揃うセカンドラインの「エンポリオ・アルマーニ」(EA)の2つがメインです。

アルマーニのジュエリーは洗練されたデザインで、シンプルでエレガントなものが人気です。値段は手の届きやすい価格のものから数万円のものまで様々です。

DSQUARED2(ディースクエアード)

D SQUARED2(ディースクエアード)は、1992年にイタリアのミラノで誕生したファッションブランドです。

「自分たちが着たいものを作る」をコンセプトにイタリアンな雰囲気とアメリカンスポーティな雰囲気をちょうどよく合わせた独特で個性的なデザインが特徴的ですが、上品さもしっかり感じられます。

特にデニムウェアに力を入れていますが、ジュエリーも手掛けています。メンズアクセサリーにおいては、シンプルなデザインから男らしさをプラスしてくれるものまで様々あります。

HUGO BOSS(ヒューゴ・ボス)

HUGO BOSS(ヒューゴ・ボス)は、1924年にドイツのメッティンゲンで設立されたブランドです。

ブランド名は創業者であるHugo Ferdinand Boss(ヒューゴ・フェルディナンド・ボス)に由来します。初期には制服や軍服の製造を主要な事業としていましたが、後に高級メンズウェアの製造へと展開しました。

ヒューゴボスのファッションアイテムは、クラシックでエレガントなデザインが特徴で、ビジネスカジュアルやフォーマルウェアに向いています。代表的な商品には、スーツ、シャツ、ジャケット、コート、ドレス、靴、バッグ、アクセサリー、フレグランスなどがあります。

名だたるセレブが着用し、大谷翔平選手などのスポーツ選手も愛用しているブランドであることでも有名です。

CALVIN KLEIN(カルバン・クライン)

Calvin Klein(カルバン・クライン)は、1968年に同名のデザイナーがアメリカ・ニューヨークで設立したファッションブランドです。

「全てはカッティングから始まる」を哲学とし、ボディラインを強調したシルエットのアパレルアイテムが特徴的なほか、アンダーウェアや香水も人気があります。

アクセサリーも手掛けており、メインのアパレルアイテム同様に都会的な洗練されたデザインとアメリカンクールなスタイルが特徴的です。10代〜50代と幅広い年齢層の男性〜人気があります。

TOMMY HILFIGER(トミー ヒルフィガー)

TOMMY HILFIGER(トミーヒルフィガー)は、1985年にTommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー)によってアメリカのニューヨークで設立されたブランドです。

アメリカのイーストコーストのプレッピーなスタイルや、スポーツウェアからインスパイアを受けたファッションを提供し、若者文化やカジュアルファッションに大きな影響を与えてきました。

カジュアルなアメリカンスタイルと、赤・青・白のカラーパレットが特徴です。代表的なアイテムにはシャツなどのアイテムのほかに、アクセサリーなどがあります。

予算3万円メンズブレスレットブランド【ハイブランド】

最後に、予算3万円で購入できるメンズブレスレットを手掛けているハイブランドを紹介します。

Gucci(グッチ)

Gucci(グッチ)は、グッチオ・グッチ(Guccio Gucci)によって、1921年にイタリアのフィレンツェで設立されました。

高品質な革製品、特に馬具や皮革製品を製造・販売から始まり、現在では、バッグ、靴、アパレル、サングラス、香水、時計、ジュエリーなど、取り扱う製品は幅広いラインナップとなっています。

ジュエリーのデザインにはクラシックな要素とモダンな要素が組み合わされており、ブランドの象徴である2つのGが重なったロゴがジュエリーにも取り入れられ、そのデザインはファッション愛好家にとって魅力的な選択肢となっています。

LOEWE(ロエベ)

LOEWE(ロエベ)は、1846年にエンリケ・ルオサ(Enrique Loewe Roessberg)によってスペインのマドリードで設立されました。ブランドは当初、高品質な革製品を手がける工房としてスタートし、現在ではスペインを代表するファッションブランドの一つとして成長しました。

ジュエリーもロエベのコレクションの一部として提供されており、革や金属などの異なる素材を使用し、独自のデザインやアート的な要素が取り入れられています。また、特徴的なLの文字を4つ組み合わせたモノグラムのモチーフも人気です。

Dolce & Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)

Dolce & Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)は、ドメニコ・ドルチェ(Domenico Dolce)とステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)によってイタリアのミラノで創業ファッションブランドです。

イタリアの伝統的なファッションとシチリアのカルチャーにインスパイアを受けたエレガンスさと情熱さを持つデザインが特徴的です。

アパレル、ハンドバッグ、靴、サングラス、香水がメインですが、ジュエリーも手掛けており、デザインはシンプルなものからビビッドなものまで様々です。

Ferragamo(フェラガモ)

Ferragamo(フェラガモ)は、1927年にイタリア・フィレンツェでサルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)によって設立された。靴をメインとする高級ファッションブランドです。

フェラガモは、靴をはじめとしたバッグやアクセサリーなどの高品質なレザーグッズが有名で、そのデザインと品質は世界中のファッション愛好者から高く評価されています。

ジュエリーも独自のスタイルとエレガントさを持ち、繊細なデザインや贅沢な素材を用いた高級感と洗練された美しさが特徴です。

Versace(ヴェルサーチ)

Versace (ヴェルサーチ)は、1978年にファッションデザイナーのジャンニ・ヴェルサーチ(Gianni Versace)によってイタリアのミラノで設立されたファッションブランドです。マドンナやレディーガガがキャンペーンモデルを務めたことでもよく知られています。

手掛けるアイテムはアパレルからバッグや香水、アクセサリーまで様々ですが、いずれもラグジュアリーかつエレガントなデザインで知られ、モード系ファッションの代表的ブランドとしても知られています。

アクセサリーもゴールドやブラックの色合いが多く、ギリシャやローマの古代美術からのインスパイアを受けたエレガントで華やかなデザインが特徴です。

VALENTINO(ヴァレンティノ)

VALENTINO(ヴァレンティノ)は、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ(Valentino Garavani)によって1957年にイタリア・ローマで設立された高級ファッションブランドです。現在では世界100ヵ国で展開しており、「イタリアのファッションの王様」とも呼ばれます。

手がけるファッションアイテムはエレガントさや、華やかな女性らしさが特徴的で、アクセサリーまで幅広く手掛けています。ジュエリーもゴールドやパールといったエレガントさが光る素材を使ったゴージャスなデザインです。

ブレスレットにおいては普段使いしやすいデザインから個性的なデザインまで様々あります。

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)は、1988年にベルギー生まれのファッションデザイナーMartinMargiela(マルティン・マルジェラ)によって設立されたパリを拠点とする高級ファッションブランドです。

メゾンマルジェラは、高級志向が世間で人気を集めていた時代にあえて貧困層に見える古着を活かした作品を作るなどファッション界に大きな影響を与え、現在でも人気のアイテムを次々と世に送り出しています。現在でも、無機質な素材やリサイクル素材の使用、縫い目やラベルを露出させるデザイン、非対称なシルエットなど、斬新で実験的なデザインが特徴です。

ジュエリーにおいては、ミニマルながらも存在感を発揮する時代に関係なく使えるデザインのアイテムを多く手掛けています。