1. Fily
  2. Fashion
  3. 金属アレルギーの方におすすめのピアスブランド30選【レディース】

金属アレルギーの方におすすめのピアスブランド30選【レディース】

公開日

更新日

金属アレルギーの方におすすめのピアスブランド30選【レディース】

この記事では、金属アレルギーの原因や、アレルギー持ちの方でも安心して着けられるピアスを手掛けているブランドを解説・紹介します。

ピアスの基礎知識

ピアスの基本知識について解説します。

ピアスの語源は?イヤリングと何が違う?

耳に穴を開けて装着するアクセサリーである「ピアス」は、「穴を貫通させる」という意味の英語の動詞「pierce」が語源です。ただし、海外では「pierce」は穴を開ける行為それ自体をさし、アクセサリーそのものは「イヤリング(earrings)」と呼ばれます。日本語での「ピアス」はいわゆる和製英語となります。

日本では「イヤリング」というと、耳に穴を開けずに装着するアクセサリーを指します。そのため、日本における「イヤリング」もまた和製英語なので、外国の方と話す際には注意が必要です。なお、日本におけるイヤリングは英語では「clip-on」といいます。

ピアスは耳に開けるのが定番ですが、耳でも数か所開ける場所があるほか、舌や鼻、へそなどにも穴を開けてピアスをつけることもできます。耳以外に身に着けるピアスは「ボディピアス」と呼ばれ、20世紀末ごろからファッションの一環として流行しました。

ピアスの穴を耳に開ける位置にも名前がある

ピアスは耳に穴を開ける位置でそれぞれ名前があります。

  • 耳たぶ:イヤーロブ(EARLOBE)

  • 耳珠(耳の穴の手前(頬側)にある三角形の軟骨):トレイガス(TRAGUS)

  • 耳輪(耳の外周の軟骨):ヘリックス(HELIX)

  • ヘリックスの手前の平らな軟骨部分:アウターコンク(OUTER CONCH)

  • 耳の穴のすぐ外側の軟骨:スナッグ(SNUG)

また、2ヶ所以上のピアスホールをひとつのピアスでつなぐことを「インダストリアル(INDUSTRIAL)」と呼びます。この中では穴を開ける際の痛みが少なく、大きなモチーフのピアスも着けられるイヤーロブが最も一般的です。

片耳だけ着けると何か意味がある?

ピアスは古代エジプトの時代から身に着けられてきたアクセサリーですが、中世ヨーロッパの時代には片耳にだけ身に着けるのが主流でした。現代でもその頃に着けられていた意味合いが広く認識されており、左耳のピアスは「男らしさ・守る人」右耳のピアスは「女らしさ・守られる人」を表しているとされています。

そのため、男性が右耳に、女性が左耳にピアスを身に着けると、同性愛者であると受け取られてしまうことがあります。

ピアスの種類

ピアスはつけ方や形状でたくさんの種類に分類されます。その中でもポピュラーなタイプを解説します。

スタッドピアス

「スタッドピアス」は、ピアスホールに通す真っすぐな軸(ポスト)と小さな留め具(キャッチ)の2つのパーツで耳に装着するピアスです。その構造から「キャッチ式ピアス」または「キャッチピアス」と呼ばれることもあります。

シンプルな作りなので着脱が簡単で、ピアスホールへの負担も少ないのが特徴です大きさやモチーフを変えることで、雰囲気をガラッと変えることができます。小さいタイプは目立ちにくいので、オフィス用としても人気があります。

フックピアス

「フックピアス」は、ポストが釣り針のようなフック状になっている形状のピアスです。キャッチがないため、着脱が簡単で、スタッドピアスなどによくありがちなすキャッチの紛失に悩まずに済みます。ただし、ピアスそのものが落ちてしまう可能性があります。

また、フックに装飾パーツが吊るされているためにモチーフが軽やかに揺れるので、柔らかく上品な雰囲気を演出することができます。モチーフが長く大きいものはエレガントな印象になり、小さいものは軽やかでスタイリッシュな印象になります。

フープピアス

「フープピアス」は、「フープ(HOOP)=輪」という名前の通り、輪っかの形状をしたピアスで、リングピアスとも呼ばれます。シンプルながら存在感があるので、耳元からスタイリッシュな華やかさが演出できます。

小さいものから大きいものまで様々なサイズがありますが、サイズにより印象が大きく変わるのが特徴です。大きめのものはエレガントさが強めでしっかりとした印象に、小さめのものは落ち着いた印象になります。

男性にも人気のある形状で、メンズブランドでの取り扱いも多いです。

チェーンピアス

「チェーンピアス」とは、名前のとおりチェーン状のピアスで、長めのチェーンの先に細いバー状のパーツがついている製品が多いです。ピアスホールに通すチェーンの長さを変えることで印象を変えて楽しめます。アメリカンピアスとも呼ばれ、こちらの名称で覚えている方も多いです。

チェーンが耳元でユラユラと揺れる姿がとてもエレガントで、パーティーなどの華やかなシーン向きです。

金属アレルギーを起こさないピアスの特徴は?

変色の原因から、変色が起きにくいピアスの特徴まで解説します。

そもそも金属アレルギーとは?

金属アレルギーとは、金属に触れた箇所にかゆみや発疹が発生する症状のことを言います。首筋や手足の内側など、皮膚の薄い部分に強い症状が出ることが多いです。

アレルギーはタンパク質に対して起こるもので、本来金属に対しては起こらないはずですが、金属イオンと人体が本来持つタンパク質(ケラチン等が有名)と結合し、アレルゲンとなるタンパク質に変質し、上記の症状のようなアレルギー反応を引き起こします。

ある日突然発症したように感じることが多いですが、これはその日まで金属に触れていた間にアレルギーに対する免疫が出来上がり、免疫反応が過剰に出るようになったためです。汗をかくと免疫を作り出す「感作(かんさ)」という体内の機能が働きやすくなり、症状を起こしやすくなるので要注意です。

出典:金属アレルギーとは?(一般社団法人金属アレルギー協会)

金属アレルギーを起こしにくい金属は?

化学的に安定していてタンパク質と反応を起こしにくく、金属アレルギーを起こしにくいとされる金属は下記のとおりです。

  • プラチナ

  • ゴールド

  • チタン

  • シルバー

  • サージカルステンレス

上から順番に金属アレルギーを発症しにくいです。ちなみに、特に丈夫なのはプラチナやチタン、ステンレスで、劣化にも強いです。

ただし、ピアスの多くはいくつかの素材を組み合わせて作られていたり、メッキが使われていたりするので、使用されている副材料の金属からアレルギーを起こす可能性があります。

気になる方は、ゴールドやプラチナ、シルバーなら純度の高い材料を使った製品を選び、ステンレスやチタンなら金属アレルギー対応と記載のある製品を選びましょう。プラチナならPt900(純度90%)以上、ゴールドなら18K(純度75%)以上、シルバーならSV925(純度92.5%)のピアスを選ぶのがおすすめです。

ピアスの基本的な選び方

自分用やプレゼント用でも、様々な選び方ができます。

素材から選ぶ

ピアスを選ぶ際、一番大きいのは素材の違いでしょう。見た目はもちろん、素材次第で値段も大きく変わります。また、金属アレルギーがある場合にはその素材を避ける必要があります。

主に使われる素材には華やかな輝きを放つゴールド系、カジュアルな装いによく合って使いやすいものの劣化しやすいシルバー系、希少価値が高いものの変色や錆びに強いプラチナなどがあります。

モチーフのデザインから選ぶ

ピアスのデザインは豊富で様々なデザインがありますが、モチーフの形や色合いで選ぶ方が多いです。

大きめのモチーフは存在感があり良く目立つため、身に着けた時に印象が大きく変わるので、モチーフのデザインはピアス選びでは一番大きな要素とも言えます。定番のリングやハート、星形以外にも四つ葉のクローバーや馬蹄形、動植物、幾何学模様など様々なモチーフがあります。

真珠やダイヤモンド、宝石を用いたモチーフも人気です。ポピュラーな真珠を使ったピアスは冠婚葬祭はもちろん、様々なイベントやちょっとしたお出かけにも使うことができ、とても便利です。カラフルな宝石や天然石のピアスなら、持っている服をイメージしつつ選ぶと良いでしょう。ネックレスとセットで買うのも人気です。

サイズから選ぶ

サイズも選ぶ際には重要なポイントになります。服装によってマッチするサイズがあるので、いろいろなサイズのピアスを持っていると便利です。

モチーフが小さければ控えめな演出となりますが、大きければ主張の強いエレガントな雰囲気になります。前者はオフィスやお出かけなどの普段使いに、後者はパーティーなどの華やかな場面で身に着けられることが多いです。

使用場面(TPO)で選ぶ

ピアスは普段使い以外にも、パーティーや冠婚葬祭などの服装規定があるような場面で身に着けることも多いので、その場に合わせたピアス選びをすることが重要です。

冠婚葬祭などのフォーマルな場面では真珠のピアスを身に着けるのが一般的ですが、比較的カジュアルなパーティーではゴージャスで大ぶりなモチーフがよく映える場合もあります。

また、ホテルのレストランなどのスマートカジュアルな装いが求められる場面ではダイヤモンドなどの主張しすぎない程度に輝くピアスがおすすめです。

渡す相手の好みや年代から選ぶ

ピアスをプレゼント用に選ぶ場合、当たり前ですが自分の趣味を押し付けるのではなく、渡す相手の好みや年代を考えて選んでみましょう。

普段よく合う相手ならばさりげなく服装をチェックしてみましょう。華やかなものを好む方や、シンプルなものを好む方など、人の好みは様々です。過去に一緒に撮った写真などを振り返ってみても良いでしょう。

かわいらしい服装が好みならかわいらしいモチーフのピアスを、落ち着いた服装が好みなら比較的シンプルなデザインで落ち着いた色合いのピアスが良いでしょう。

価格から選ぶ

ピアスをなかなか選ぶことが出来ないときは、価格から選ぶのも手です。ピアスは膨大な種類がありますが、通販サイトなどで探す際は価格を絞るとぐっと探しやすくなります。

また、プレゼント用でも価格を考慮するのはとても大事なことです。友人などの知り合いに高価すぎるものを渡してしまうと相手が負担に感じてしまうかもしれません。過去にプレゼントを貰ったことのある相手ならば、同じ価格帯にするのがおすすめです。

ブランドから選ぶ

信頼がおける有名ブランドから選ぶという方法もあります。ブランドによってデザインの特徴や価格帯があるので、好みのデザインや予算の限度がある場合には欲しいブランドを先に決めるとスムーズに決められます。

また、修理やクリーニングなどのアフターサービスもしっかりしているブランドであれば長く愛用することが出来ます。

金属アレルギーを起こしにくいピアスブランド【プラチナ・ゴールド・シルバー】

プラチナやゴールド製のピアスを中心に手掛けるブランドを紹介します。製品を選ぶ際は高純度の素材が使われているかしっかり確認しましょう。

ツツミ(TSUTSUMI)

「ツツミ(TSUTSUMI)」は、1973年に埼玉県蕨市で創業したジュエリーブランドです。「ジュエリーツツミ」という名前に聞き覚えのある方も多いでしょう。ツツミのジュエリーは宝石の買い付けから製造・販売まで、すべて一貫して自社で行っており、高品質な製品を提供しています。

流行に左右されないシンプルで上品なデザインのジュエリーが多く、使いやすいものが多いです。また、傷がついてしまったものや古くなってしまったものにはクリーニングやリフォームの対応を行っており、アフターサービスも充実しています。

リーズナブルな価格でゴールドやプラチナのジュエリーを提供しているので、初めてゴールドやプラチナのジュエリーを購入する方にもおすすめのブランドです。

COCOSHNIK(ココシュニック)

「COCOSHNIK(ココシュニック)」は、兵庫県に拠点を置く日本の大手アパレル会社である「ワールド」が手掛けるジュエリーブランドです。

コンセプトに「モダンでありながら流行に左右されない、洗練されたデザインのジュエリー」とある通り、普段使いしやすい上品なデザインのジュエリーが揃っています。特にゴールドを使用したものが豊富にそろっているので、高品質な18金または10金ジュエリーの豊富な選択肢の中から欲しいデザインを選ぶことが出来ます。

4℃(ヨンドシー)

「4℃(ヨンドシー)」は、株式会社エフ・ディ・シィ・プロダクツが手掛ける日本発のジュエリーブランドです。ただし、起源は1950年設立の繊維販売会社で、1986年にジュエリーに参入した経緯もあり、2016年現在でもアパレルでの収益が4割を占めています。

人気を博したシルバーアクセサリーをはじめとした様々なジュエリーを手掛けており、かわいらしいデザインやモチーフが多いのも特徴です。

なお、4℃にはコンセプトの違うブランドがいくつかあります。若年層向けの「Canal 4℃」、少し落ち着いたデザインの「EAU DOUCE4℃」などがあり、それぞれがターゲットとする年齢層に合わせたデザインなどの違いがみられます。

RAPA(ラパ)

「RAPA(ラパ)」は、2000年に神奈川県で設立されたアクセサリーブランドです。「自由に、楽しくなるジュエリー」というコンセプトの下、ゴールドを用いたアクセサリーを中心に様々なアイテムを手掛けています。

手掛けているアクセサリーはシンプルなデザインで普段使いしやすいものが多いです。オンライン専売のため、高品質ながらリーズナブルな価格が魅力で、製品はオーダーを受けてから一点一点作られています。特に、素材は18金やプラチナのみを使用しており、メッキ加工の製品は取り扱わないなど、高品質さにこだわっています。

BLOOM(ブルーム)


「BLOOM(ブルーム)」は、2018年に東京・銀座で設立されたアクセサリーブランドです。「私らしい私」をコンセプトに掲げ、高品質ながら手に取りやすい価格のジュエリーを販売しています。

アクセサリーのデザインは女性向けのフェミニンでかわいらしいモチーフが多いですが、ユニセックスなデザインや、ディズニーとコラボした商品など、様々なデザインのジュエリーがたくさん揃っています。

VAヴァンドーム青山

百貨店などに入ってる、定番の国産ジュエリーブランド「ヴァンドーム青山(VENDOME AOYAMA)」の姉妹ブランドである「VAヴァンドーム青山」は、本家よりもかわいらしいカジュアルなデザインのジュエリーが多く、価格もいくらかリーズナブルとなっています。

手がけるジュエリーには猫をモチーフなどの遊び心のあるデザインもありますが、派手すぎない華奢なラインで日本女性によく似合うものが多いです。また、本家ブランドよりもシルバーを用いたジュエリーも多いので、普段使いしやすいジュエリーを探している方にもおすすめです。

オレフィーチェ(OREFICE)

「オレフィーチェ(OREFICE)」は、東京・表参道に店舗を構えるジュエリーブランドです。鑑定士によってしっかり鑑定された宝石を使用した高品質なジュエリーを提供しています。また、購入後1年間は無料対応の保証があり、5年ごとに受けられる特別メンテナンスもあります。

手がけるジュエリーの種類は幅広く、日常使い出来るものからブライダルリングまで様々です。チェーンの長さや太さ、カラット数の変更といったセミオーダーに対応しており、自分の欲しいアクセサリーを購入することが出来ます。

SIENA ROSE(シエナロゼ)

「SIENA ROSE(シエナロゼ)」は、1981年に広島で設立された「サンポークリエイト」が手掛けるジュエリーブランドです。「毎日メイクをするように、ジュエリーを身に着けて」というコンセプトの元、肌を美しく見せるジュエリーを手掛けています。

ゴールド(K18)とプラチナが融合して生まれた、シャンパンのロゼを思わせる、上品な優しい色合いの「ロゼチナ〈ローズプラチナゴールド〉」を使ったアクセサリーが人気です。ゴールドの持つ優美さと、プラチナの気品とが溶け合った深みのある落ち着いた色合いを持ちます。

姉妹ブランドには、ジュエリー以外にバッグや小物も手掛ける「ANEMONE(アネモネ)」、イヤーアクセサリー専門ブランドの「mimi33 (ミミサンジュウサン)」があります。

L&Co.(エルアンドコー)

「L&Co.(エルアンドコー)」は、「株式会社ラッキーアンドカンパニー」によって運営されているジュエリーブランドです。企画から販売まで全て自社で手掛けることで手頃な価格で高品質なジュエリーを提供しています。

知名度はそこまで高いとは言えませんが、1937年創業と歴史は深く、本社を置く山梨県は日本のジュエリー生産の1/3を占める日本有数の産地でもあります。

デザインはシンプルで普段使いしやすいものから、誕生石モチーフ、ブライダルリングまで様々で、たくさんの種類から自分の欲しいジュエリーを見つけることが出来ます。

ディーヴァス(DEVAS)

「ディーヴァス(DEVAS)」は、2015年に神奈川県で設立された株式会社ディーヴァスが手掛けるアクセサリーブランドです。ブランド自体は2004年に都内で始めたシルバーデザインのジュエリーブランドが起源で、現在はオンライン専売となっています。デザインや販売を自社で一貫して行い、オンライン専売とすることで手頃な価格でアクセサリーを提供しています。

手がけるアクセサリーはゴールドを使用したものが中心です。流行を感じるようなデザインではなく、日常使いしやすいシンプルなモチーフが多いです。

金属アレルギーを起こしにくいピアスブランド【サージカルステンレス

錆びにくい金属として知られるサージカルステンレス製のピアスを販売するブランドを紹介します。
サージカルステンレスはリーズナブルな価格の商品が多いのも特徴です。

9am(ナインエイエム)

「9am(ナインエイエム)」は、神奈川県にで拠点を置く「株式会社Matin du Port」が運営するアクセサリーブランドです。扱うアイテムは1000~5000円程度のアクセサリーが多く、手頃な価格で若い女性の間で人気のあるブランドです。サージカルステンレス製の製品が多く、劣化に強いのもうれしいポイント。

扱うアクセサリーはかわいさと大人っぽさのどちらも持つ「大人かわいい」デザインが特徴的です。普段使いや友達へのちょっとしたプレゼントにおすすめです。

cream dot(クリームドット)

「cream dot(クリームドット)」は、広島県に拠点を置く「株式会社Que Cera」が運営するアクセサリーブランドです。ほとんどのジュエリーが1000円台で買うことが出来るお手頃価格ですが、上品さが光るジュエリーが多く、安っぽさを感じさせないデザインです。

その価格とデザイン性から、オフィスで働く女性の普段使い用アクセサリーとして人気ですが、天然石を使ったジュエリーもあり、お出かけなどの場面でも使えるジュエリーも揃っています。

craife(クライフ)

「craife(クライフ)」は、2018年に大阪府で設立された「株式会社クライフ(CRAIFE Inc.)」が運営するアクセサリーブランドです。イヤーカフを中心に、シンプルで使いやすいアクセサリーを手掛けています。

手がけるアクセサリーの多くが2000~3000円で購入できますが、デザインはシンプルながらもトレンドを意識したものとなっています。流行に敏感な方でも低予算で最新のトレンドのアクセサリーを揃えることが出来ます。

GLUCK(グルック)

「GLUCK(グルック)」は、「アクセサリーで人と人を繋ぐ」の言葉をブランドコンセプトとするアクセサリーブランドで、世界中のブランドのアクセサリーを取り扱うセレクトショップでもあります。

トレンドのコインモチーフをはじめとしたゴールドがメインで、高級感のある落ち着いたデザインが特徴的ですが、価格は数千円台とリーズナブルで、SNSでも人気です。また、ユニセックスなデザインで男女ともに人気で、ペアで身に着けるのも人気です。

KOBE VINGTAINE(神戸ヴァンテーヌ)

「KOBE VINGTAINE(神戸ヴァンテーヌ)」は、1990年に兵庫県でスタートした、株式会社ヴァンテーヌが手掛けるアクセサリーブランドです。プチプライスな価格帯ながら、華やかで高級感のあるアクセサリーが揃っています。

ピアスは500円程度から購入でき、シンプルなものからガーリーなものまで幅広いラインナップとなっています。普段使い用のアイテムをいくつか揃えても数千円~1万円程度で抑えることが出来るので、ピアス初心者の方にもおすすめのブランドです。

カフェフレグラントオリーブ(Cafe Fragrant Olive)

「カフェレグラントオリーブ(Cafe Fragrant Olive)」は、2001年に東京で設立された株式会社ドリームフィールズが手掛けるジュエリー販売サイトです。「大人可愛い」をテーマに、ピアスを中心としたジュエリーを約5000点展開しています。

手掛けているアクセサリーはカラフルな宝石を使ったものが多く、種類も豊富なのでほしい色やデザインのアクセサリーを見つけることが出来ます。カラフルなだけでなく上品さも持ったデザインなので、普段使いからパーティーまで様々な場面で身に着けることの出来るアクセサリーが手に入ります。

ステンシーナナ(STENCY NANA)

「ステンシーナナ(STENCY NANA)」は、2006年に設立され、名古屋を拠点に置く株式会社ストレッチマネジメントが運営するアクセサリーブランドで、金属アレルギーが起きにくいサージカルステンレスを使用したアクセサリーを販売しています。

サージカルステンレスは、サビにくく、腐食や酸化・熱に強いなど、高い耐久性を持つ特殊なステンレス素材であり、お手入れも簡単で日常的に使いやすいです。

アクセサリーは、シンプルで流行に左右されにくいデザインが特徴で、そのため幅広いファッションスタイルに合わせることができます。

CREA jewelry(クレアジュエリー)

「CREA jewelry(クレアジュエリー)」は、宮崎県に拠点を置く「株式会社2ND CREAが手掛けるアクセサリーブランドです。女性らしい華奢なデザインのアクセサリーが人気で、毎週土曜日に新商品発売をしています。

特徴はデザイン以外にもあり、手がける全てのアクセサリーに「316Lステンレス」を使用しているので、金属アレルギーが起きにくく、肌が弱い方でも安心です。また、汗や水に強く、華奢なデザインなので軽いので、つけっぱなしにしやすいです。低価格ながら変色に強く劣化が起きにくいので、まさにコスパ抜群と言えます。

JewelryROLA(ジュエリーローラ)

「JewelryROLA(ジュエリーローラ)」は、2007年に京都で設立されたヴィサージュジャパン株式会社が手掛ける公式通販サイトです。同社のジュエリーブランド「心葉」のアイテムを中心に様々なアクセサリーを販売しています。シンプルなデザインから宝石を用いたエレガントなものまで様々なデザインが揃っています。

JewelryROLAのサイトは男性から女性に贈るギフトジュエリーに特化しているので、男性目線で予算や目的に合わせたジュエリーを探すことができます。また、販売されている製品は、Amazonや楽天市場のオンラインショップ「アクセサリーショップバルザス」でも購入できます。

kcooma(クーマ)

「kcooma(クーマ)」は、愛知県に本社を置く、株式会社山口熊製作所が運営するアクセサリーブランドです。同社はアクセサリーの政策以外にも金属のプレス加工の事業も手がけており、職人技が光るハンドメイドのステンレスアクセサリーが人気を博しています。

デザインもリボンやハートなど、かわいらしく普段使いしやすいデザインで使い回しがしやすいです。価格は5000円~10000円程度とステンレスアクセサリーでは高めの設定ですが、その分細かい部分までこだわって作られているので、高品質なステンレスアクセサリーを探している方におすすめのブランドです。

金属アレルギーを起こしにくいピアスブランド【チタン

丈夫で軽いチタンピアスを販売するブランドを紹介します。ピアスは使う金属の量が少ないので、比較的リーズナブルな価格の製品が多いです。

なでしこスタイル

「なでしこスタイル」は、群馬県に本社を置く合同会社なでしこスタイルが運営する、ピアス専門のアクセサリーブランドです。ピアスホールを守りながらピアスを楽しむために、製品はすべて純チタンを使って製作されており、金属アレルギーを持つ女性に数ヶ月着けてもらう独自のアレルギーテストで症状が出ないことを確認した部品のみを使用しています。

手掛けるアクセサリーはシンプルなデザインからキュートなデザインまで様々で、真珠や宝石を使ったものまで揃っています。金属アレルギー持ちや敏感肌の方で、高品質で使いやすいピアスを探している方におすすめのブランドです。

ホリエ(HORIE)

「ホリエ(HORIE)」は、1984年に新潟県で設立されたチタン製品の企画・開発を手掛ける金属加工会社です。アクセサリー以外にもフライパンなどの調理器具やステーショナリー、テーブルウェアなども手掛けています。

手掛けるアクセサリーはチタンならではの軽くて丈夫さを持ちながら、シンプルなデザインで長く使うことの出来るものが揃っています。価格も1000円程度の価格の製品から選ぶことが出来ます。高品質でコスパ抜群なチタンピアスを探している方におすすめです。

レジエ(Leger)

「レジエ(Leger)」は、新潟県に本社を置くレジエ株式会社が運営するチタン専門のアクセサリーブランドです。日本一の金属加工地である三条に工場を持ち、自社開発の極小溶解炉で純チタンを溶解して高品質なアクセサリーを制作しています。

デザインは普段使いしやすいシンプルなものが多く、軽いのでつけっぱなしにしていても疲れにくいです。価格も4000円程度から探すことが出来るので、普段使いしやすいチタンピアスを探している方におすすめのブランドです。

パール&ジュエリー タケイチ(TAKEICHI)

「パール&ジュエリー タケイチ(TAKEICHI)」は、岐阜県に本社を置く株式会社竹市時計店が手掛けるジュエリーブランドです。社名の通り真珠や天然石を用いたジュエリーを多く取り揃えており、ポストの部分にチタンを用いた製品もたくさんあります。

真珠や天然石を用いたカラフルでシンプルなデザインながら1000円~3000円とリーズナブルな価格も魅力です。また、チタン以外にも18金ゴールドのピアスも手掛けており、ゴールドの艶やかな輝きが好みという方にもおすすめのブランドです。

アクビックス(AKUBIX)

「アクビックス(AKUBIX)」は、岡山県に本社を置く株式会社アクビックスが手掛けるアクセサリーブランドです。上質な天然琥珀を使った美しいブラウンの輝きを持つアクセサリーが人気で、ポストにもチタンを使った製品が多く、金属アレルギーの方でも安心して身に着けることが出来ます。

琥珀にも様々な色合いがあるほか、以外にも美しい青色のチェコガラスを用いたアクセサリーもあります。上品な天然の輝きを持つアクセサリーを探している方におすすめのブランドです。

どりーみんぐくいーん(Dreaming Queen)

「どりーみんぐくいーん(Dreaming Queen)」は、東京都に本社を置く有限会社ドリミングが運営するアクセサリーブランドです。金属アレルギーを起こす可能性がとても低い医療用チタンを使ったアクセサリーが人気です。

アクセサリーのモチーフはパールや天然石を用いた大ぶりでカラフルなものが多く、耳元からエレガントな雰囲気をプラスできます。価格も3000円以下のリーズナブルな製品から探すことが出来ます。

プリマローズ(Prima Rose)

「プリマローズ(Prima Rose)」は、1980年に広島で創業した株式会社玉井宝石店が運営するジュエリーブランドです。チタンの中でも純度の高い材料を使用したアクセサリーを手掛けており、パールや宝石のアクセサリーも人気です。

チタン以外にもゴールドやプラチナ、ステンレスのアクセサリーも豊富で、欲しい素材や見た目、予算に合わせたアクセサリーを選ぶことが出来ます。宝石を用いたアクセサリーで、金属アレルギー対応のものを探しているかにおすすめのブランドです。

ジュエリースタジオプラスター(Jewelry Studio PLUSTER)

「ジュエリースタジオプラスター(Jewelry Studio PLUSTER)」は、2012年に東京都で設立された株式会社ヒロエンタープライズが運営するジュエリーブランドです。オンライン通販を中心に様々なアクセサリーを販売しています。

手掛けているアクセサリーは1000~2000円のプチプラ製品から20万円以上のブライダイル製品まで様々で、予算に合わせて欲しいアクセサリーを選ぶことが出来ます。デザインもシンプルで普段使いしやすいものからキラキラと揺れて輝くエレガントなものまで幅広いラインナップとなっています。

メロディーアクセサリー(MELODY ACCESSORY)

「メロディーアクセサリー(MELODY ACCESSORY)」は、東京都に本社を置く、1965年創業の株式会社小川が手掛けるアクセサリーブランドです。手がけるアクセサリーは全て国内の自社工場で製作されており、変色しにくいメッキを施すなど、こだわりの品質に仕上げられています。

アクセサリーのデザインはシンプルで普段使いしやすいものから、エレガントでパーティーなどの場面で映えるものまで様々です。価格もほとんどの製品が3000円以下とリーズナブルなのも魅力です。

サシェ(Sache)

「サシェ(Sache)」は、株式会社Sacheが手掛けるアクセサリーブランドです。純チタンを使用したアクセサリーを中心に様々なアクセサリーを取り扱っています。

チタンのアクセサリーは種類も豊富で、パッチテストも兼ねて1000円で購入できるリング型のピアスもあり、チタンピアスが初めての方にもおすすめのブランドです。チタン以外にもサージカルステンレスの製品も充実しており、3000円以下のリーズナブルな価格のアイテムが多いのも嬉しいポイントです。