1. Fily
  2. Fashion
  3. 男子大学生におすすめブレスレット人気ブランド20選

男子大学生におすすめブレスレット人気ブランド20選

公開日

更新日

男子大学生におすすめブレスレット人気ブランド20選

本記事では、大学生におすすめのメンズブレスレットを手掛けているブランドを紹介します。

ブレスレットについて

手首につけるアクセサリー

ブレスレットとは、手首や腕につける帯や鎖などの輪っか状になっているアクセサリーの総称で、「腕輪」とも呼ばれます。

ブレスレットが使われるようになったのは、紀元前3000年頃の古代エジプトといわれており、非常に古い歴史をもつアクセサリーの一つです。日本でも縄文時代には、貝殻で作られた「貝輪」がすでに使われていたことがわかっています。

ブレスレットが誕生した当初は、宗教や呪術的な意味で使われていたといわれていますが、現在はおしゃれを楽しむアクセサリーの一つとして世界中で使われています。

バングルとの違いは?

バングルはブレスレットの一種です。

一般的に留め具がついているのに対して、留め具がなく外枠の形が変化しないブレスレットが「バングル」と呼ばれます。

しかし、バングルもブレスレットの一種なので「ブレスレット」と呼ばれることも多いです。

ちなみに、ブレスレットと名前が似ている「アンクレット」は、足首につけるアクセサリーのことをいいます。

他にはどんな種類がある?

ブレスレットには、バングル以外にも様々な種類があります。

例えば、チェーンが連なっているタイプの「チェーンブレスレット」、中心にプレートがついている「プレートブレスレット」、革を用いて作られた「レザーブレスレット」などがあります。

その他にも、ダイヤモンドが一連にセットされた「テニスブレスレット」、チャームがついた「チャームブレスレット」、天然石などを等間隔に並べた「ステーションブレスレット」、蝶番のような開閉式の留め具が付いた「ヒンジブレスレット」など様々です。

右手と左手どっちにつける?

ブレスレットを右手と左手どちらにつけるべきか迷ったことがある方も多いと思いますが、右手と左手どちらでも大丈夫です。

右手は、エネルギーを放出するといわれています。また、左脳と繋がる手であるため、思考力や行動力が上がるといわれているため、大事な場面など自分自身の力を発揮したいときにおすすめです。

左手は、反対にエネルギーを吸収するといわれています。そのため、気持ちを落ち着けたい場合や恋愛運や健康運といった運気アップをしたい場合におすすめです。

右利きの方は左手につけるといったように、実用性を考えてつける手を決めるのも◎

ブレスレットの選び方

素材から選ぶ

ブレスレットに限らず、アクセサリーを選ぶ際、一番大きいのは素材の違いでしょう。見た目はもちろん、素材次第で値段も大きく変わります。また、金属アレルギーがある場合にはその素材を避ける必要があります。

モチーフだけでなく、素材も印象を大きく左右します。希少価値が高いものの変色や錆びに強いプラチナや、華やかな輝きを放つゴールド系、カジュアルな装いによく合って使いやすいものの劣化しやすいシルバーなどがあります。

デザインから選ぶ

ブレスレットのデザインは豊富で、様々なデザインがありますが、宝石や天然石の色合い、モチーフの形で選ぶという方も多いですよね。また、すでに紹介した通り、素材の種類もデザインの違いに大きく関係します。

天然石や宝石などのモチーフは存在感があり良く目立つため、身に着けた時に印象が大きく変わるので、一番大きな要素とも言えます。定番の星形以外にも四つ葉のクローバーや馬蹄形、動植物、幾何学模様など様々なモチーフがあります。

なお、十字架などモチーフのデザインは好き嫌いがあるので、プレゼントの場合は注意が必要です。

サイズから選ぶ

ブレスレットはサイズも重要です。

男性の場合基本的には18センチ〜21センチが一般的な大きさで、手首周りの長さ+1センチ〜2センチの大きさを選ぶのが良いといわれています。

例えば、手首周り+1センチであれば、ぴったりめの大きさなので、きちっとした印象を与えます。ただし、留め具があるタイプだとつけにくいと感じる方も多いです。

手首周り+1.5センチは、少しゆとりができるので、留め具のつけはずしもしやすく、日常使いしやすいです。
手首周り+2センチは、かなりゆとりができるので、手元が華奢に見えます。ブレスレットの存在感もでるのでおしゃれを楽しみたい人にも◎

使用場面(TPO)で選ぶ

ブレスレットは、普段使い以外にもパーティーなどの服装規定があるような場面で身に着けることもできます。そのため、使用場面に合わせて選ぶという方も多いです。

例えば、結婚式にブレスレットを使いたいといった場合は、上品でさりげないものを選ぶのが良いでしょう。パールや翡翠といった落ち着いた輝きのブレスレットを選ぶのもおすすめです。

渡す相手の好みや年代から選ぶ

ブレスレットをプレゼント用に選ぶ場合、当たり前ですが自分の趣味を押し付けるのではなく、渡す相手の好みや年代を考えて選んでみましょう。

普段よく合う相手ならばさりげなく服装をチェックしてみましょう。華やかなものを好む方や、シンプルなものを好む方など、人の好みは様々です。過去に一緒に撮った写真などを振り返ってみても良いでしょう。

価格から選ぶ

ブレスレットをなかなか選ぶことが出来ないときは、価格から選ぶのも手です。膨大な種類がありますが、通販サイトなどで探す際は価格を絞るとぐっと探しやすくなります。

また、プレゼント用でも価格を考慮するのはとても大事なことです。友人などの知り合いに高価すぎるものを渡してしまうと相手が負担に感じてしまうかもしれません。過去にプレゼントをもらったことのある相手ならば、同じ価格帯にするのがおすすめです。

ブランドから選ぶ

信頼がおける有名ブランドから選ぶという方法もあります。ブランドによってデザインの特徴や価格帯があるので、好みのデザインや予算の限度がある場合には欲しいブランドを先に決めるとスムーズに決められます。

また、修理やクリーニングなどのアフターサービスもしっかりしているブランドであれば長く愛用することが出来ます。

大学生におすすめメンズブレスレットおすすめ【ジュエリー】

まずはじめに、大学生におすすめのメンズブレスレットを手掛けている、有名ジュエリーブランドを紹介します。

LION HEART(ライオンハート)

LION HEART(ライオンハート)は、1996年に設立された日本のアクセサリーブランドで、主にメンズ向けのアクセサリーを提供しています。

比較的リーズナブルな価格帯と強さを感じるエッジの効いたデザインで若者を中心に幅広い支持を受けています。アーティストや芸能人とのコラボレーションアイテムを多く発表し、ファッションブランドとのコラボレーションアイテムも展開しており、多彩なアクセサリーがラインナップされています。

幅広い価格帯のアクセサリーが揃っていて、大学生など学生でも予算に合わせてアイテムを選びやすくなっています。

LHME(エルエイチエムイー)

メンズ向けアクセサリーを主に手掛けるブランド「ライオンハート」の姉妹ブランドである「LHME(エルエイチエムイー)」は、2020年に誕生したアクセサリーブランドです。

LHはLion Heartの略、MEには「私」と、a Million of Empathies「無数の共感」の2つの意味があります。

お手頃な価格で学生からも人気があり、ジェンダーレスで大人な雰囲気のデザインが多いのでカップルでお揃いにしたい方にもおすすめです。

POLICE(ポリス)

POLICE(ポリス)は、ファッションアイテムを数多く手掛けるイタリアのブランドです。

1980年代のアメリカの警官がつけていたサングラスに触発されて誕生したブランドで、ブランド名もその名の通り警官にちなんでつけられました。

ブルース・ウイルス氏やデビット・ベッカム氏など海外の著名人をはじめ、日本ではEXILEのアツシさんや市原隼人さんなどが広告塔を努めていたこともあり度々注目されています。ブレスレットにおいてはシンプルで洗練されたデザインになっています。

amp japan(アンプ ジャパン)

amp japan(アンプ ジャパン)は、2000年に誕生した日本のジュエリーブランドです。

アンプジャパンでは「魂が喜ぶプロダクション」をブランドコンセプトに、歴史や文明、民族など伝統的なモチーフをもとにしたアイテムを数多く手掛けています。

特にアンティーク調のデザインのアイテムが大学生をはじめ幅広い年齢層に人気で、アンティーク調のデザインであれば流行り廃り関係なく長く使うことができます。

SYMPATHY OF SOUL(シンパシーオブソウル)

SYMPATHY OF SOUL(シンパシーオブソウル)は、日本のアクセサリーブランドです。

シンパシーオブソウルでは、「心と時代に共鳴するジュエリー」をブランドコンセプトに長く愛され続けられるアクセサリーを数多く手掛けています。

シンパシーオブソウルのアクセサリーは、メディアに取り上げられることも多く、トレンドに敏感な男性からも高い人気を得ています。ブレスレットにおいては、落ち着いたデザインが多いので、長く使い続ける方が多いです。

AQUA SILVER(アクアシルバー)

AQUA SILVER(アクアシルバー)は、1993年に誕生した日本のシルバーアクセサリーブランドです。

渋谷のストリートから発想を得て作られるシルバーアクセサリーの数々は、様々なファッションスタイルやライフスタイルに合うバラエティーに富んだデザインになっています。

デザイン性の高さに加え高級感があり、大学生など若者を中心とする幅広い世代の男性を魅了しています。

M.Cohen (エムコーエン)

M.Cohen (エムコーエン)は、イスラエルで誕生したジュエリーブランドです。

イスラエルの北部の小さな海辺で生まれ育ったジュエリーデザイナー、マオール・コーエン氏によって立ち上げられました。

エムコーエンが手掛けるアイテムは、ユニセックスになっていて男女共に使うことができます。レザーとシルバーが融合した繊細でおしゃれなデザインのアイテムは幅広い年齢層に人気があり、ジョニー・デップ氏などの著名人も愛用していることで知られています。

BELIEVE IN MIRACLE (ビリーブインミラクル)

BELIEVE IN MIRACLE (ビリーブインミラクル)は、日本のアクセサリーブランドです。

ブランド名の「BELIEVEINMIRACLE」は、英語で「奇跡を信じる」という意味があり、身につけることで幸運を呼び寄せるようなアイテム作りを行っています。

デザイン性の高さはもちろんのこと、機械を使わずに少量生産されているため、希少価値もあります。人と被らないおしゃれなアクセサリーをお求めの方にもおすすめです。

CHAN LUU(チャンルー)

CHAN LUU(チャンルー)は、1996年に同名のベトナム系アメリカ人デザイナーによって設立されたアクセサリーブランドです。

エスニックテイストのデザインが人気を博しており、ハリウッドセレブにも愛用者がいます。

手掛けるアクセサリーはストーンビーズや皮を使ったブレスレットやピアスが人気で、宝石を使用していない分少し大人しい印象ですが、とても個性的な印象をプラスすることが出来ます。価格も1万円前後の製品が多く、気軽に購入できることから大学生など若い世代にも人気です。

FLUI (フルイ)

FLUI (フルイ)は、日本のアクセサリーブランドです。2019年にブランド名を「CULTURAL FLUI (カルトラルフルイ)」から、「FLUI (フルイ)」に変更しています。

フルイでは、「時代の流れを常に意識し身に着ける者全てに意味のあるアクセサリーでありたい。」という思いの元、様々なデザインのアクセサリーを幅広く手掛けています。

シンプルなデザインで日常使いしやすいものから男らしさを感じられるデザインまで様々あり、価格帯も幅広いので予算に合わせて選びやすくなっています。

Zanipolo Terzini (ザニポロ タルツィーニ)

Zanipolo Terzini (ザニポロ タルツィーニ)は、イタリアンテイストのアクセサリーを手掛けるジュエリーブランドです。

ザニポロ タルツィーニにでは、スーツスタイルに合うようなデザインのアクセサリーを幅広く手掛けているブランドです。様々なデザインの中から選ぶことができ、手頃な価格であるため、大学生にも人気があるブランドの一つです。

TOM HOPE(トムホープ)

TOM HOPE(トムホープ)は、2014年に誕生したスウェーデンのブランドです。

トムホープでは、時代や性別関係なく使えるシンプルで洗練されたデザインのアイテムを様々手掛けており、熟練の職人が一つづつ丁寧に作り上げているのも特徴の一つです。

海と海を旅する人たちからインスピレーションを得て作られたブレスレットなどがあり、特に海が好きな大学生にぴったりです。

大学生におすすめメンズブレスレットおすすめ【ファッション】

続いて、大学生におすすめのメンズブレスレットを手掛けているファッションブランドを紹介します。

Paul Smith(ポール・スミス)

Paul Smith(ポール・スミス)は、同名のデザイナーによって1970年にイギリス・ノッティンガムで設立された世界的な有名なファッションブランドで、その独自のスタイルと、遊び心あふれるカラフルなデザインが特徴です。

ポール・スミスの主要な製品は、アパレル、アクセサリー、靴、バッグですが、ジュエリーも取り扱っています。ジュエリーはシルバーやゴールドを使用したシンプルなデザインで比較的手に取りやすい価格のものが多です。また、一部カラフルなモチーフを持つものもあります。

男性に人気のブランドなので、恋人へのプレゼントにもおすすめです。

tk.TAKEO KIKUCHI(ティーケータケオキクチ)

tk.TAKEO KIKUCHI(ティーケータケオキクチ)は、デザイナーの菊池武夫さんが1984年に立ち上げた日本のメンズファションブランドです。

メインブランドはTAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)です。タケオキクチは大手百貨店に出店されていて、値段も高めであるのに対して、ティーケータケオキクチは20代〜30代向けをターゲットに駅ビルを中心に出店しており、時代を超えて支持されるトラディショナルなアイテムをベースに、アソビ心とストリートの自由な発想を取り入れた日本独自のミックススタイルを提案しています。

シャツなどのアパレルを中心にジュエリーも手掛けており、シンプルなデザインながら存在感があり、おしゃれさをプラスしてくれるメンズ向けのブレスレットがあります。

DIESEL(ディーゼル)

DIESEL(ディーゼル)は、1978年にRenzo Rosso(レンツォ・ロッソ)によってイタリアで設立されたブランドです。

ブランド名の由来はディーゼルエンジンで、パワフルでエネルギッシュなスタイルを象徴しています。

ディーゼルは、ラグジュアリー感がありながらカジュアルに使用できるデザインの製品を数多く展開しており、「プレミアム・カジュアル・ウェア」というカテゴリーを築きあげています。ウェアを中心に展開していますが、ジュエリーも手掛けており、ワイルドな印象を与えるデザインのメンズ向けのブレスレットなどがあります。

Beams(ビームス)

Beams(ビームス)は、1976年に設楽悦三が東京・原宿で開業した洋品店を出発点としたセレクトショップで、現在では自社生産のファッションアイテムを手掛けるブランドでもあります。

幅広い年齢層向けのアパレルを取り扱っていますが、ブランドのファッションスタイルは多様で、クラシックなテイストからストリートウェア、カジュアル、アートファッションまで幅広いファッションスタイルを提供しています。

ジュエリーもシルバーなどを使ったカジュアルなデザインの製品を多く扱っており、1万円以内で購入できるリーズナブルなものもあるため学生からも高い支持を得ています。

NANO universe(ナノ・ユニバース)

NANO universe(ナノユニバース)は、日本を拠点に展開するファッションブランドです。

東京カジュアルをベースにイギリスやフランス、イタリアなどの伝統的なデザインを取り入れた商品が多いです。客層は20代〜30代をターゲットにしていて、おしゃれながらも価格はリーズナブル。そのため、学生にも人気があります。

シーズンごとにトレンドライクな製品を販売しており、シンプルで使いやすいデザインのアクセサリーまで幅広く展開しています。

大学生におすすめメンズブレスレットおすすめ【ハイブランド】

最後に、大学生におすすめのメンズブレスレットを手掛けているハイブランドを紹介します。

Gucci(グッチ)

Gucci(グッチ)は、グッチオ・グッチ(Guccio Gucci)によって、1921年にイタリアのフィレンツェで設立されました。

高品質な革製品、特に馬具や皮革製品を製造・販売から始まり、現在では、バッグ、靴、アパレル、サングラス、香水、時計、ジュエリーなど、取り扱う製品は幅広いラインナップとなっています。

ジュエリーのデザインにはクラシックな要素とモダンな要素が組み合わされており、ブランドの象徴である2つのGが重なったロゴがジュエリーにも取り入れられ、そのデザインはファッション愛好家にとって魅力的な選択肢となっています。

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)は、1988年にベルギー生まれのファッションデザイナーMartinMargiela(マルティン・マルジェラ)によって設立されたパリを拠点とする高級ファッションブランドです。

メゾンマルジェラは、高級志向が世間で人気を集めていた時代にあえて貧困層に見える古着を活かした作品を作るなどファッション界に大きな影響を与え、現在でも人気のアイテムを次々と世に送り出しています。

ジュエリーにおいては、ミニマルながらも存在感を発揮する時代に関係なく使えるデザインのアイテムを多く手掛けています。主張しすぎないデザインの指輪は男女兼用で使うこともできます。

Versace(ヴェルサーチ)

Versace (ヴェルサーチ)は、1978年にファッションデザイナーのジャンニ・ヴェルサーチ(Gianni Versace)によってイタリアのミラノで設立されたファッションブランドです。マドンナやレディーガガがキャンペーンモデルを務めたことでもよく知られています。

手掛けるアイテムはアパレルからバッグや香水、アクセサリーまで様々ですが、いずれもラグジュアリーかつエレガントなデザインで知られ、モード系ファッションの代表的ブランドとしても知られています。

アクセサリーもゴールドやブラックの色合いが多く、ギリシャやローマの古代美術からのインスパイアを受けたエレガントで華やかなデザインが特徴です。