1. Fily
  2. Fashion
  3. 【メンズ】ゴールドブレスレット人気ブランド11選

【メンズ】ゴールドブレスレット人気ブランド11選

公開日

更新日

【メンズ】ゴールドブレスレット人気ブランド11選

本記事では、ゴールドのメンズブレスレットを手掛けているブランドを紹介します。

ブレスレットについて

手首につけるアクセサリー

ブレスレットとは、手首や腕につける帯や鎖などの輪っか状になっているアクセサリーの総称で、「腕輪」とも呼ばれます。

ブレスレットが使われるようになったのは、紀元前3000年頃の古代エジプトといわれており、非常に古い歴史をもつアクセサリーの一つです。日本でも縄文時代には、貝殻で作られた「貝輪」がすでに使われていたことがわかっています。

ブレスレットが誕生した当初は、宗教や呪術的な意味で使われていたといわれていますが、現在はおしゃれを楽しむアクセサリーの一つとして世界中で使われています。

バングルとの違いは?

バングルはブレスレットの一種です。

一般的に留め具がついているのに対して、留め具がなく外枠の形が変化しないブレスレットが「バングル」と呼ばれます。

しかし、バングルもブレスレットの一種なので「ブレスレット」と呼ばれることも多いです。

ちなみに、ブレスレットと名前が似ている「アンクレット」は、足首につけるアクセサリーのことをいいます。

他にはどんな種類がある?

ブレスレットには、バングル以外にも様々な種類があります。

例えば、チェーンが連なっているタイプの「チェーンブレスレット」、中心にプレートがついている「プレートブレスレット」、革を用いて作られた「レザーブレスレット」などがあります。

その他にも、ダイヤモンドが一連にセットされた「テニスブレスレット」、チャームがついた「チャームブレスレット」、天然石などを等間隔に並べた「ステーションブレスレット」、蝶番のような開閉式の留め具が付いた「ヒンジブレスレット」など様々です。

右手と左手どっちにつける?

ブレスレットを右手と左手どちらにつけるべきか迷ったことがある方も多いと思いますが、右手と左手どちらでも大丈夫です。

右手は、エネルギーを放出するといわれています。また、左脳と繋がる手であるため、思考力や行動力が上がるといわれているため、大事な場面など自分自身の力を発揮したいときにおすすめです。

左手は、反対にエネルギーを吸収するといわれています。そのため、気持ちを落ち着けたい場合や恋愛運や健康運といった運気アップをしたい場合におすすめです。

右利きの方は左手につけるといったように、実用性を考えてつける手を決めるのも◎

ゴールドのブレスレットの特徴は?

ゴールドのブレスレットの特徴を紹介します。

ゴールドの特徴は?

ゴールドは金属の中では高価な部類に入る金属ですが、独自の煌びやかさを持ち、金を使ったアクセサリーは高い人気があります。アクセサリーには一定の割合の金と他の金属を混ぜた合金として使われています。

ゴールドは他に混ぜる金属によって色が変化します。いわゆる金色の「イエローゴールド」以外には、銅を混ぜたピンク色が特徴的な「ピングゴールド(ローズゴールド)」、ニッケル系またはパラジウム系の白色金属などを混ぜた、プラチナに近い色合いの「ホワイトゴールド」があります。

また、ゴールドは比較的金属アレルギーが出にくい金属なので、肌が弱い方でも着けやすいです。純度の高いブレスレットは金以外の含有物が少ないことから変色しにくく、お手入れも簡単です。

どんな種類がある?

アクセサリーで使われる金の割合は、以下のように分類されています。

  • 金の割合約42%:10金

  • 金の割合約58%:14金

  • 金の割合約75%:18金

  • 金の割合約100%:24金

ブレスレットでは18金や10金の製品が多くみられます。金の含有量の違いで色合いはもちろん、品質にも差が生じます。

10金はリーズナブルで気軽に身に着けることが出来ます。ピンクゴールドの場合はピンク色になる銅の割合が多くなるので、鮮やかなピンク色になります。

18金は高級ジュエリーブランドでもよく使われています。金の純度が高いので、一般的なイエローゴールドのブレスレットはゴールドの金色が強く出ます。ピンクゴールドの場合はピンク色になる銅の割合が少なくなるので、優しいピンク色になります。

24金のブレスレットは流通してはいるものの、金は比較的柔らかい金属なので傷や変形に弱く、高価なこともあって流通量は僅かです。

ブレスレットの選び方

素材から選ぶ

ブレスレットに限らず、アクセサリーを選ぶ際、一番大きいのは素材の違いでしょう。見た目はもちろん、素材次第で値段も大きく変わります。また、金属アレルギーがある場合にはその素材を避ける必要があります。

モチーフだけでなく、素材も印象を大きく左右します。希少価値が高いものの変色や錆びに強いプラチナや、
華やかな輝きを放つゴールド系、カジュアルな装いによく合って使いやすいものの劣化しやすいシルバーなどがあります。

デザインから選ぶ

ブレスレットのデザインは豊富で、様々なデザインがありますが、宝石や天然石の色合い、モチーフの形で選ぶという方も多いですよね。また、すでに紹介した通り、素材の種類もデザインの違いに大きく関係します。

天然石や宝石などのモチーフは存在感があり良く目立つため、身に着けた時に印象が大きく変わるので、一番大きな要素とも言えます。定番の星形以外にも四つ葉のクローバーや馬蹄形、動植物、幾何学模様など様々なモチーフがあります。

なお、十字架などモチーフのデザインは好き嫌いがあるので、プレゼントの場合は注意が必要です。

サイズから選ぶ

ブレスレットはサイズも重要です。

男性の場合基本的には18センチ〜21センチが一般的な大きさで、手首周りの長さ+1センチ〜2センチの大きさを選ぶのが良いといわれています。

例えば、手首周り+1センチであれば、ぴったりめの大きさなので、きちっとした印象を与えます。ただし、留め具があるタイプだとつけにくいと感じる方も多いです。

手首周り+1.5センチは、少しゆとりができるので、留め具のつけはずしもしやすく、日常使いしやすいです。
手首周り+2センチは、かなりゆとりができるので、手元が華奢に見えます。ブレスレットの存在感もでるのでおしゃれを楽しみたい人にも◎

使用場面(TPO)で選ぶ

ブレスレットは、普段使い以外にもパーティーなどの服装規定があるような場面で身に着けることもできます。そのため、使用場面に合わせて選ぶという方も多いです。

例えば、結婚式にブレスレットを使いたいといった場合は、上品でさりげないものを選ぶのが良いでしょう。パールや翡翠といった落ち着いた輝きのブレスレットを選ぶのもおすすめです。

渡す相手の好みや年代から選ぶ

ブレスレットをプレゼント用に選ぶ場合、当たり前ですが自分の趣味を押し付けるのではなく、渡す相手の好みや年代を考えて選んでみましょう。

普段よく合う相手ならばさりげなく服装をチェックしてみましょう。華やかなものを好む方や、シンプルなものを好む方など、人の好みは様々です。過去に一緒に撮った写真などを振り返ってみても良いでしょう。

価格から選ぶ

ブレスレットをなかなか選ぶことが出来ないときは、価格から選ぶのも手です。膨大な種類がありますが、通販サイトなどで探す際は価格を絞るとぐっと探しやすくなります。

また、プレゼント用でも価格を考慮するのはとても大事なことです。友人などの知り合いに高価すぎるものを渡してしまうと相手が負担に感じてしまうかもしれません。過去にプレゼントをもらったことのある相手ならば、同じ価格帯にするのがおすすめです。

ブランドから選ぶ

信頼がおける有名ブランドから選ぶという方法もあります。ブランドによってデザインの特徴や価格帯があるので、好みのデザインや予算の限度がある場合には欲しいブランドを先に決めるとスムーズに決められます。

また、修理やクリーニングなどのアフターサービスもしっかりしているブランドであれば長く愛用することが出来ます。

ゴールドのメンズブレスレット

それでは、ゴールドのメンズブレスレトを手掛けているブランドを紹介します。

BVLGARI(ブルガリ)

BVLGARI(ブルガリ)は、1884年にギリシャ系イタリア人のソティリオ・ブルガリ(Sotirio Bulgari)によってイタリア・ローマで創業された高級宝飾品ブランドです。ブルガリは高級宝飾店として開業しましたが、現在では腕時計や香水もとても有名になっています。

ブルガリの製品には、宝石の輝きと魅力、洗練されたデザイン、そして古代ローマの影響を感じさせるイタリアンエレガンスが結びついており、ラグジュアリー愛好家やファッション愛好家から高い評価を受けています。

ブルガリの製品はデザイン性の高さはもちろんのこと、熟練したイタリアの職人が手掛けており、品質の高さからみても安心して長く使うことができます。20代〜60代と愛用者は多く、男性にも馴染みのあるブランドでしょう。

Cartier(カルティエ)

Cartier(カルティエ)は、ルイ・フランソワ・カルティエ(Louis-François Cartier)によってフランス・パリで設立されたジュエリーブランドです。創業は1847年と歴史は長く、取り扱う製品は卓越した職人技術と洗練されたデザインに焦点を当てています。

カルティエのジュエリーは、クラシックで洗練されたスタイルが特徴で、カルティエの象徴的なデザインである「パンテール」(ヒョウ)のモチーフも有名です。高級ジュエリーや腕時計の分野で世界的に有名なブランドなので、プレゼントすれば年齢問わず喜ばれること間違いなしでしょう。

カルティエのジュエリーはゴールドとダイヤモンドを組み合わせたエレガントなデザインのジュエリーがほとんどで、大人の男性にもぴったりです。

LION HEART(ライオンハート)

LION HEART(ライオンハート)は、1996年に設立された日本のアクセサリーブランドで、主にメンズ向けのアクセサリーを提供しています。

比較的リーズナブルな価格帯と強さを感じるエッジの効いたデザインで若者を中心に幅広い支持を受けています。アーティストや芸能人とのコラボレーションアイテムを多く発表し、ファッションブランドとのコラボレーションアイテムも展開しており、多彩なアクセサリーがラインナップされています。

幅広い価格帯のアクセサリーが揃っているので、予算に合わせて選びやすくなっています。

DEVAS(ディーヴァス)

DEVAS(ディーヴァス)は、2015年に神奈川県で設立された株式会社ディーヴァスが手掛けるアクセサリーブランドです。

ブランド自体は2004年に都内で始めたシルバーデザインのジュエリーブランドが起源で、現在はオンライン専売となっています。デザインや販売を自社で一貫して行い、オンライン専売とすることで手頃な価格でアクセサリーを提供しています。

手がけるアクセサリーはゴールドを使用したものが中心で、18Kを用いたブレスレットなどが豊富に取り揃えられ得tいます。流行を感じるようなデザインではなく、日常使いしやすいシンプルなモチーフが多いです。

PUERTA DEL SOL(プエルタ・デル・ソル

PUERTA DEL SOL(プエルタ・デル・ソル)は、1995年に誕生した日本のアクセサリーブランドです。

ブランドを立ち上げたのは、レディースジュエリーの原型制作に携わっていた経験のあるデザイナー平野智靖 (Tomoyasu HIRANO)氏です。ブランド名の「PUERTA DEL SOL」は、スペインにある地名が由来になっていて「太陽の門」という意味があります。

「ROCK&LUXURY」をブランドコンセプトに作られた様々なアクセサリーは、男らしさをプラスしてくれるデザインになっていて、ロック好きの男性にも人気です。

FLUI (フルイ)

FLUI (フルイ)は、日本のアクセサリーブランドです。2019年にブランド名を「CULTURAL FLUI (カルトラルフルイ)」から、「FLUI (フルイ)」に変更しています。

フルイでは、「時代の流れを常に意識し身に着ける者全てに意味のあるアクセサリーでありたい。」という思いの元、様々なデザインのアクセサリーを幅広く手掛けています。

シンプルなデザインで日常使いしやすいものから男らしさを感じられるデザインまで様々あり、価格帯も幅広いので予算に合わせて選びやすくなっています。

ジュエリー工房アトラス

ジュエリー工房アトラスは、1991年創業の、山梨県に本社を置く有限会社アトラスが手掛ける、オンライン専売のアクセサリーショップです。オンラインショップでは日本最大級の品ぞろえで、様々なデザインのアクセサリーを探すことができます。

とにかく品ぞろえが豊富で、プチプラアクセから数十万円するハイジュエリーまで何でも探すことができます。

ゴールドやプラチナを用いたジュエリーもリーズナブルな価格で販売しているので、お得にジュエリーを購入したい方におすすめのブランドです。

PRIMA GOLD(プリマゴールド)

PRIMA GOLD(プリマゴールド)は、1992年にタイのPRANDA社によって立ち上げられた24金ジュエリーを取り扱うブランドです。

日本ではゴールドといえば18金が中心ですが、プリマゴールドでは24金を用いて職人の手によって優雅な輝きを放つアイテムが作り出されています。

様々なデザインの24金ジュエリーが販売されているので、お気に入りのブレスレットを見つけることができるでしょう。

VALUABLE(バリアブル)

VALUABLE(バリアブル)は、日本のアクセサリーブランドです。実店舗はありませんが、楽天などのインターネット通販サイトでは度々ランキング1位になるなど注目を集めています。

メンズネックレスには、18金やプラチナ高級感のある素材を使い、存在感があるおしゃれなデザインのものが多く、金属アレルギーの方でもつけられるアイテムも数多く手掛けています。

幅広い年齢層の方におすすめのブランドの一つです。

Gucci(グッチ)

Gucci(グッチ)は、グッチオ・グッチ(Guccio Gucci)によって、1921年にイタリアのフィレンツェで設立されました。

高品質な革製品、特に馬具や皮革製品を製造・販売から始まり、現在では、バッグ、靴、アパレル、サングラス、香水、時計、ジュエリーなど、取り扱う製品は幅広いラインナップとなっています。

ジュエリーのデザインにはクラシックな要素とモダンな要素が組み合わされており、男性の魅力を引き立ててくれます。ブランドの象徴である2つのGが重なったロゴがジュエリーにも取り入れられ、そのデザインはファッション愛好家にとって魅力的な選択肢となっています。

4℃ HOMME+(ヨンドシーオムプラス)

4℃ HOMME+(ヨンドシーオムプラス)は、株式会社エフ・ディ・シィ・プロダクツが手掛ける日本発のジュエリーブランド4℃(ヨンドシー)から誕生した新ラインです。

ヨンドシーオムプラスでは、ジェンダーレスなデザインのジュエリーを中心に手掛けており、ブランド名の「プラス」には、「時代やジェンダーを超えて着用する人に寄り添い、時代の一歩先を行く輝きを届けたい」という思いが込められています。

ヨンドシーオムプラスではメンズアクセサリーも豊富に手掛けており、ゴールドの他、プラチナを用いたブレスレットなどもあります。男女兼用で使えるデザインのものも多いので、お揃いにも◎