1. Fily
  2. Fashion
  3. 30代女性におすすめのイヤーカフ人気ブランド26選

30代女性におすすめのイヤーカフ人気ブランド26選

公開日

更新日

30代女性におすすめのイヤーカフ人気ブランド26選

本記事では30代向けレディースイヤーカフを手掛けるブランドを紹介します。

イヤーカフとは

まずはじめに、イヤーカフについて詳しく紹介します。

耳にひっかけたり挟んでつけるジュエリー

イヤーカフは、耳にひっかけたり挟んで身に付けるジュエリーのことをいいます。

耳にひっかけたり挟んで身に付けるというのが最も大きな特徴で、穴をあけることなくおしゃれを楽しむことができます。

近年ではイヤーカフとピアスを重ねてつける方も多く、デイリー使いはもちろんのこと、結婚式などフォーマルなシーンでも使うことができます。

イヤリングとの違い

イヤリングとイヤーカフは、どちらも耳に穴をあけることなく装着できるという点では非常に似ていて、区別がわからないという方もいらっしゃるでしょう。

イヤリングとイヤーカフの違いは、主に装着の仕方です。

イヤリングは、バネやねじを使って耳たぶに挟み込む形で装着します。一方イヤーカフの場合は、耳にはめ込むようにして装着したり、フックになっている部分を耳にかけて装着します。

イヤーカフスとの違いは?

「イヤーカフ」と「イヤーカフス」はどちらも同じものを指す言葉です。

強いていうのならば「イヤーカフス」は片耳のみ、「イヤーカフス」は両耳につけるタイプを指す事が多いです。複数だから「カフ」ではなく「カフス」と呼ぶということを覚えておくと良いでしょう。

イヤーカフの語源

英語では「earring」が耳飾り全般、特にピアスのことを指します。

日本語での「イヤリング」はいわゆる和製英語にあたり、海外ブランドの中にはイヤリングとしてピアスを販売していることもあるので注意が必要です。ちなみに、日本語の「イヤリング」は、英語で「clip-on」「ear clip」などといいます。

「イヤーカフ」は、英語でも「earcuff」です。

英語で「pierce」は「〜に穴を開ける」という動詞です。「pierced earring」とすれば、耳飾りの中で耳に穴を開けるタイプを指すので、日本語の「ピアス」に当たります。

イヤーカフの選び方

イヤーカフがとんなジュエリーなのかおわかりいただけたかと思います。それでは、どのように選べば良いのか紹介します。

付け方

イヤーカフに限らず、ジュエリーはものによってつけ外しが難しかったり、使い心地が異なります。

リングタイプ

リングタイプは、リング状になっているタイプのイヤーカフです。

輪っかに切れている部分があり、つけたい場所に挟むようにしてつけます。イヤーカフの中でも定番の付け方で、耳が痛くなりにくいので初心者にもおすすめです。

また、耳たぶをはじめ軟骨など好きな場所につけられるのも魅力の一つです。

クリップタイプ

クリップタイプは、イヤリングと同様に耳たぶにクリップのように挟んでつけるタイプのイヤーカフです。

クリップ型になっていることで、落ちにくいのが最大の特徴です。リングタイプのように挟むだけではすぐに落ちてしまって心配という方におすすめです。

フックタイプ

フックタイプは、耳にかけるタイプのイヤーカフです。

耳にかけるだけなので、最も取り外しが簡単に行えるのが特徴で、さっとつけたり外したりしたい方におすすめです。また、リングタイプやクリップタイプでは耳が痛くなってしまうという方にもぴったりです。

ただし、耳の付け根を全体的に覆うような形になっているため、素材やデザインによっては重たくなってしまうことがあるので注意しましょう。

素材

ジュエリーは素材によっても見た目はもちろん、素材次第で値段も大きく変わります。

例えば、輝きがあり華やかな印象を与えるゴールドやお手入れを怠ると劣化しやすいもののデザインの種類が多く、手頃な価格で購入できるシルバー、希少価値が高く値段が高いものの変色や錆びに強いプラチナ、軽くて錆びにくいチタンなどが人気です。

また、金属アレルギーがある場合にはその素材を避ける必要があるので注意しましょう。

デザイン

ジュエリーには様々なデザインがありますが、ファッションやシーンによって複数のデザインを使い分けるのも良いでしょう。イヤーカフの主なデザインは下記の通りです。

ワンポイント

はじめてイヤーカフをつける方や、ファッションやシーン関係なく使いやすいのはワンポイント系のイヤーカフがおすすめです。
ワンポイントがさりげないおしゃれになり、ファッションを華やかに見せてくれます。

また、イヤーカフはピアスと重ねづけされることも多いですが、最も重ねづけしやすいのがワンポイント系のイヤーカフです。1つもっておけば様々な場面で使うことができるでしょう。

ワイドタイプ

耳の軟骨から耳たぶまでをぐるりと囲むタイプがワイドタイプです。

ワンポイントよりも存在感があり、ジュエリーと連結しているタイプなど華やかなデザインのものも多くあります。

上品なデザインのものも多く、結婚式やパーティーでもよく使われています。大きいぶん外れてしまっても気がつきやすいので、落としてしまうのが心配な方にもおすすめです。

チェーンタイプ

チェーンタイプは、上部と下部につけるイヤーカフがチェーンで連結されているイヤーカフです。また、1つのイヤーカフにチェーンがぶら下がっているタイプもあります。

ロックなデザインから繊細で女性らしいデザインまで幅広く、ほどよく個性的なイヤーカフをつけておしゃれを楽しみたいという人におすすめです。

30代向けレディースイヤーカフブランド【ジュエリー専門・定番】

まずはじめに、30代向けレディースイヤーカフを手掛けるジュエリー専門ブランドを紹介します。

4℃(ヨンドシー)

4℃(ヨンドシー)は、株式会社エフ・ディ・シィ・プロダクツが手掛ける日本発のジュエリーブランドです。ただし、起源は1950年設立の繊維販売会社で、1986年にジュエリーに参入した経緯もあり、2016年現在でもアパレルでの収益が4割を占めています。

人気を博したシルバーアクセサリーをはじめとした様々なジュエリーを手掛けており、かわいらしいデザインやモチーフが多いのも特徴です。もちろん、30代や40代の女性が身に着けやすいシンプルなデザインのアクセサリーもたくさんあります。

なお、4℃にはコンセプトの違うブランドがいくつかあります。若年層向けの「Canal 4℃」、少し落ち着いたデザインの「EAU DOUCE4℃」などがあり、それぞれがターゲットとする年齢層に合わせたデザインなどの違いがみられます。

Jouete(ジュエッテ)

Jouete(ジュエッテ)は、日本のジュエリーブランドです。

冠婚葬祭など特別な場面だけではなく、おしゃれとして日常的に楽しめるジュエリーを手掛けているブランドで、ネックレスやリング、イヤリングと幅広く展開しています。

ジュエッテは時代の流れと共に年齢を重ねてきた大人の女性向けのアイテムを多く取り扱い、素材はK10ゴールド、K18ゴールド、シルバーなどを使った高級感のあるものです。

SIENA ROSE(シエナロゼ)

SIENA ROSE(シエナロゼ)は、1981年に広島で設立された「サンポークリエイト」が手掛けるジュエリーブランドです。

「毎日メイクをするように、ジュエリーを身に着けて」というコンセプトの元、肌を美しく見せるジュエリーを手掛けています。

ゴールド(K18)とプラチナが融合して生まれた、シャンパンのロゼを思わせる、上品な優しい色合いの「ロゼチナ〈ローズプラチナゴールド〉」を使ったアクセサリーが人気です。ゴールドの持つ優美さと、プラチナの気品とが溶け合った深みのある色合いは30代女性に落ち着いた大人の魅力をプラスしてくれます。

ete(エテ)

「ete(エテ)」は、株式会社ミルクが1989年に大阪で立ち上げたジュエリーブランドです。

メインの「ete」と、少し大人っぽいアイテムが揃う「ete bijoux(エテ ビジュー)」の2ブランドがあります。なお、姉妹ブランドである「Jouete」は比較的リーズナブルで普段使いしやすいアイテムが揃っており、こちらも人気があります。

eteのジュエリーは、日本人女性に良く似合うシンプルで繊細なデザインが多いのが特徴です。主張しすぎないので普段使いしやすく、冠婚葬祭の場面でも気品ある雰囲気の演出に一役買ってくれます。特にゴールドのジュエリーは控えめな主張ながら華やかな雰囲気をプラスするのに一役買ってくれるので、普段使いしやすいゴールドのジュエリーを探している方におすすめのブランドです。

ANEMONE(アネモネ)

「ANEMONE(アネモネ)」は、1981年に広島で設立された「サンポークリエイト」が手掛けるジュエリーブランドです。

「幸せを見つけてもらえる場所」をコンセプトに新しいスタイルのヘアアクセサリーやアクセサリー、バッグを提案するブランドです。

同社のメインブランドである「SIENA ROSE(シエナロゼ)」よりもガーリーなデザインのアクセサリーが多く、値段もリーズナブルとなっています。なお、姉妹ブランドには、シエナロゼ以外にもあり、イヤーアクセサリー専門ブランドの「mimi33 (ミミサンジュウサン)」があります。

SASKIA DIEZ(サスキアディッツ)

SASKIA DIEZ(サスキアディッツ)は、同名の女性ジュエリーデザイナーによって立ち上げられたドイツ・ミュンヘン発のジュエリーブランドです。

アクセサリーはミュンヘン周辺の職人がハンドクラフトで仕上げており、使用する金や銀は、主にリサイクル素材を使用するなど、高い環境意識の下でアクセサリーが作られています。

「人が身に着けたときに最も美しいアクセサリー」という点にこだわって作られるアクセサリーはシンプルなデザインからエレガントな装飾がたくさんついたものまで様々で、幅広い年齢層のニーズに応えることが出来ます。

Hirotaka(ヒロタカ)

Hirotaka(ヒロタカ)は、日本人デザイナーの井上寛崇(ヒロタカイノウエ、Hirotaka Inoue)によって2010年にニューヨーク・ソーホーの小さなトランクショー(展示会)で始まったブランドです。

現在では日本の百貨店などにも店舗を構えています。

高品質な素材を使用した、ミニマルかつエキゾチックなデザインのアクセサリーが特徴的で、様々なハリウッドスターやセレブ達にも愛用されています。個性的なアクセサリーが好みな方におすすめのブランドです。

e.m.(イー・エム)

e.m.(イー・エム)は、1996年に誕生した日本のジュエリーブランドです。

イー・エムを立ち上げたのは、仲谷英二郎氏と飛田眞義氏で、「みんながよろこぶモノづくり」をブランドコンセプトにカジュアルなジュエリーから繊細で高級感のあるジュエリーまで幅広く手掛けています。

時代や年齢関係なく使えるジュエリーの数々は、幅広い年齢層の方に人気があります。

phoebe(フィービィー)

phoebe(フィービィー)は、2002年に東京で設立された「株式会社ルイールコーポレーション」が運営するアクセサリーブランドです。ブランド名はギリシャ神話に登場する輝く女性の象徴である女神の名前に由来しています。

手がけるアクセサリーは華奢でエレガントなデザインが多く、様々なファッションスタイルにすっと馴染みつつも存在感のある輝きをプラスしてくれます。価格も安いものでは2000円程度から購入でき、手頃な価格で上品な雰囲気を纏うことができます。

ゴールドカラーのアクセサリーはステンレスなどの素材にゴールドカラーのコーティングを施したものから、10金素材のものまで様々で、予算に合わせて選ぶことが出来ます。

q paris(キューパリ)

q paris(キューパリ)は、2012年に誕生したパリ発日本製のジュエリーブランドです。

キューパリはイヤーカフに特化したブランドで、毎日つけられるよう羽のようなつけ心地で落ちないように設計されたアイテムを手掛けています。デザインはどんなファッションスタイルにも合う優美な曲線が特徴的で、幅広い年齢層の方から人気があります。落ち着いたデザインなので30代の女性にもぴったり◎

耳まわりを華やかにしてくれるだけでなく、つけ心地にこだわられて作られているため、ストレスフリーで愛用できると高い評価を得ています。ぜひチェックしてみてください。

Cartier(カルティエ)

Cartier(カルティエ)は、ルイ・フランソワ・カルティエ(Louis-François Cartier)によってフランス・パリで設立されたジュエリーブランドです。創業は1847年と歴史は長く、取り扱う製品は卓越した職人技術と洗練されたデザインに焦点を当てています。

カルティエのジュエリーはクラシックで洗練されたスタイルが特徴で、20代〜40代の幅広い年齢層に高い支持を得ており、カルティエの象徴的なデザインである「パンテール」(ヒョウ)のモチーフも有名です。高級ジュエリーや腕時計の分野で世界的に有名なブランドですが、香水やバッグなどのレザーグッズなども手掛けています。

また、カルティエの製品のデザインや包装に使用されている特徴的なディープレッドはブランドの独自性と品質の象徴にもなっています。

Tiffany & Co.(ティファニー&カンパニー)

Tiffany & Co.(ティファニー&カンパニー)は、Charles Lewis Tiffany(チャールズ・ルイス・ティファニー)らによって1837年にアメリカ合衆国・ニューヨークで設立されました。高品質な宝飾品や銀などを使用した贈答用の製品で世界的に有名なジュエリーブランドです。

ティファニーのジュエリーは、シンプルでエレガントなデザインが特徴的です。年齢問わず女性の憧れのブランドともいえるティファニーのアイテムは、贈り物や特別な機会の記念品としても非常に人気があります。

また、「ティファニー・ブルー」と呼ばれる明るいターコイズブルーのジュエリーボックスが有名で、この色合いを用いたバッグなどのファッションアイテムも人気です。

30代向けレディースイヤーカフブランド【ファッション】

続いて30代向けレディースイヤーカフを手掛けるファッションブランドを紹介します。

Kate Spade NewYork(ケイト・スペード・ニューヨーク)

Kate Spade NewYork(ケイト・スペード・ニューヨーク)は、同名のデザイナーとその夫君によってアメリカ合衆国のニューヨーク市で設立されたファッションブランドで、その洗練されたデザインとカラフルなスタイルが特徴です。

主要な製品はハンドバッグ、財布、アパレル、シューズ、アクセサリーなどで、ブランドのデザインは、明るく洗練されたカラーパレット、シンプルなライン、そして遊び心あるディテールが特徴で、都会的で女性らしいスタイルを表現しています。

ジュエリーはゴールドやシルバーを使用し、モチーフはクローバーや動物、ハートなどのかわいらしいデザインが多く、モダンで女性らしいスタイルを反映しています。カラフルな宝石やストーンが使用されることもあり、ブランドのカジュアルで遊び心のあるスタイルを引き立てています。

Philippe Audibert(フィリップ・オーディベール)

Philippe Audibert(フィリップ・オーディベール)は、同名のジュエリーデザイナーが1988年にフランス・パリで立ち上げたファッションブランドです。雑誌の有名モデルが愛用していたり、数々の雑誌で紹介されたりと注目を集めています。

ジュエリーはシルバーやゴールドのメタルパーツや、スワロフスキーのクリスタルなどの組み合わせで、個性的な印象を持つアイテムが多いのが特徴です。ジュエリーはすべてパリで制作されており、クオリティーの高さもあって多くのファッション愛好者に支持されています。

Spick and Span(スピック&スパン)

Spick and Span(スピック&スパン)は、ファッションブランド「JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)」などを運営するベイクルーズグループが運営するセレクトショップおよびオリジナルブランドです。

スピック&スパンでは、「Charming Days 新しいことにワクワクしたり、遊び心を利かせたり。それが私らしいスタンダード。一瞬の素敵なかけらを集めたら、単調な日々もハッピーな笑顔に染まっていく。私の描くいつもの日常が、やがてとびきりチャーミングになるように」をブランドコンセプトにうウェアやアクセサリーなど幅広く手掛けています。

スピック&スパンには、ブラックダイアモンドを並べたものなど、きれいめスタイルにぴったりなデザインのイヤーカフがあります。

TODAYFUL(トゥデイフル)

TODAYFUL(トゥデイフル)は、デザイナー吉田怜香氏が手掛ける日本のファッションブランドです。

トゥデイフルでは「充実した一日を過ごす」をブランドコンセプトに、吉田さんがディレクションしたアイテムを幅広く展開しています。

メンズライクなデザインにヴィンテージテイストを取り入れたアイテムで、20代〜30代の女性を中心に人気を博しているブランドです。ジュエリーにおいても、トレンドを絶妙に取り入れた落ち着いたデザインで大人の女性の魅力を引き出してくれるものばかりです。

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ)

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティーアンドユース ユナイテッドアローズ)は、ユナイテッドアローズが展開するサブブランドで、主にカジュアルなアパレルアイテムを提供しています。

若い世代やカジュアルなスタイルを好む顧客層をターゲットにしており、リーズナブルな価格帯で洗練されたアイテムを数多く手掛けています。

ビューティーアンドユース ユナイテッドアローズでは、シンプルでベーシックなデザインのアイテムが取り揃えられており、カジュアルからビジネスカジュアルまで幅広いスタイルに使えるアクセサリーが多いのが特徴です。

ROPE'(ロペ)

ROPE'(ロペ)は1968年に誕生した日本のファッションブランドです。

「ROPE'」というブランド名は、南フランスにあるリゾート地「ST.TROPEZ サントロペ」に由来しています。上品で知的さがあり、前向きに生きる若々しい女性をイメージしたアイテムを手掛けています。

ロペで手掛けているタイテムはトレンドを取り入れた品の良いデザインで、知的さを感じさせます。

30代向けレディースイヤーカフブランド【ハイブランド】

最後に30代レディース向けイヤーカフを手掛けるハイブランドを紹介します。

Hermès(エルメス)

Hermès(エルメス)は、ティエリー・エルメス(Thierry Hermès)によって、1837年にフランス・パリで設立されました。当初は馬具や乗馬用品の製造業者でしたが、その高品質な革製品で評判を築き、ファッションと宝飾品の分野にも進出して世界的なラグジュアリーブランドとして成長しました。

エルメスは、高級バッグ、レザーグッズ、アパレル、スカーフ、宝飾品、香水、ウォッチなど幅広く手掛けていますが、「バーキン(Birkin)」と「ケリー(Kelly)」と呼ばれるモデルのバッグが有名です。

ジュエリーではエルメスの「H」マークをかたどったものが人気で、シルバーやゴールド、ダイヤモンドを使ったシンプルかつエレガントなデザインが特徴的です。

CHANEL(シャネル)

CHANEL(シャネル)は、言わずと知れたフランス発の高級ファッションブランドで、「ココ・シャネル」として知られるガブリエル・シャネル(Gabrielle Chanel)によって、1909年にフランスのパリで設立されました。その独自のデザインとエレガンスさで世界的に有名です。

シャネルはファッションアイテム、アクセサリー、香水、コスメティックスなど、幅広い製品カテゴリーを手がけていますが、ジュエリーはゴールドとダイヤモンドを組み合わせたエレガントさの強いデザインを持つものです。また、ジュエリーでも香水で有名な「5」や、ロゴマークにも使われている「C」をかたどったものが多くあります。

GUCCI(グッチ)

GUCCI(GUCCI)は、グッチオ・グッチ(Guccio Gucci)によって、1921年にイタリアのフィレンツェで設立されました。高品質な革製品、特に馬具や皮革製品を製造・販売から始まり、現在では、バッグ、靴、アパレル、サングラス、香水、時計、ジュエリーなど、取り扱う製品は幅広いラインナップとなっています。

ジュエリーのデザインにはクラシックな要素とモダンな要素が組み合わされており、ブランドの象徴である2つのGが重なったロゴがジュエリーにも取り入れられ、そのデザインはファッション愛好家にとって魅力的な選択肢となっています。

LOUISVUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)は、1854年にLouis Vuitton(ルイ・ヴィトン)がフランスのパリで設立したラグジュアリーブランドです。

ルイビトンは設立当初、世界最初の旅行鞄のアトリエでした。現在では高品質なレザーグッズやバッグ、靴、アクセサリー、アパレル、時計、ジュエリー、香水など、多岐にわたるラグジュアリーアイテムを提供しています。

ブランドの特徴は、モノグラム(LVのロゴを含む特徴的なパターン)、ダミエ(LVのチェック柄)、エピ(エナメル加工された革)、ダミエ・アズール(薄いブルーのチェック柄)などで、ジュエリーにおいてもアイコニックなデザインが特徴的です。

SAINT LAURENT(サン・ローラン)

SAINT LAURENT(サン・ローラン)は、Yves Saint Laurent(フイヴ・サンローラン)によって1961年にフランス、パリのサン=ジャン=ド=リュズ地区に設立された高級ブランドです。サン・ローランはファッション業界に革命をもたらし、モダンな女性らしいスタイルを提供しました。

扱うアイテムはアパレルからアクセサリーまでファッション全般に亘りますが、特にタキシードジャケットが有名で、女性のファッションにも革新的な影響を与えました。デザインはシンプルでエレガントなデザインと、モダンなアートや文化、社会からの影響を融合させたもので、常にファッションの先駆けとして高く評価されています。

ジュエリーの特徴としては一般的にモダンでシックであり、エッジの効いたデザインが特徴です。サン・ローランのジュエリーは、洗練されたスタイルと高級感を持っており、ファッション愛好家にとって魅力的な選択肢となっています。

BALENCIAGA(バレンシアガ )

BALENCIAGAは、クリストバル・バレンシアガ(Cristóbal Balenciaga)によって、1919年にスペインのサン・セバスティアンで設立された高級ファッションブランドです。その後、バレンシアガはフランスに拠点を移し、パリで国際的なファッションブランドとして成長しました。

バレンシアガの主要な製品には、アパレル、ハンドバッグ、靴、アクセサリーなどで、モダンでシンプルかつ斬新なデザインで、ストリートファッションの要素と高級感を組み合わせたスタイルが特徴的です。ジュエリーもブランドのファッションスタイルと調和するようなデザインが見られます。

FENDI(フェンディ)

FENDI(フェンディ)は、アデーレとエドアルド・フェンディ(Adele and Edoardo Fendi)夫妻によって設立されたイタリア・ローマ発の高級ファッションブランドです。

高品質な毛皮と革を使った製品の専門店としてスタートし、現在では幅広いファッションアイテムを手掛けています。

手がけるアイテムはエレガントさが際立つデザインが特徴で、ジュエリーもファッションアイテムに合わせやすいきらびやかなデザインが目を引きます。また、「F」を2つ組み合わせたブランドロゴをモチーフも人気です。

DIOR(ディオール)

DIOR(ディオール)は、Christian Dior(クリスチャン・ディオール)によって、1946年にフランスのパリで設立された高級ファッションブランドです。ディオールは、第二次世界大戦後のファッション業界に新しい風を吹き込み、そのシンプルでエレガントなデザインスタイルで1950年代の「ニュールック」(New Look)として知られるファッションムーブメントを牽引しました。

ディオールはジュエリーも手掛けており、花や動物、太陽、星座などからインスパイアされたデザインや、「Dior」の文字をかたどったモチーフが特徴的で、シルバーやゴールド、ダイヤモンドをふんだんに使った、煌びやかさも相まって目を引くデザインのジュエリーが多いです。