1. Fily
  2. Fashion
  3. 【メンズ】シルバーブレスレット人気ブランド20選

【メンズ】シルバーブレスレット人気ブランド20選

公開日

更新日

【メンズ】シルバーブレスレット人気ブランド20選

本記事では、シルバー925やホワイトゴールドなどを用いたシルバーカラーのメンズブレスレットを手掛けているブランドを紹介します。

ブレスレットについて

手首につけるアクセサリー

ブレスレットとは、手首や腕につける帯や鎖などの輪っか状になっているアクセサリーの総称で、「腕輪」とも呼ばれます。

ブレスレットが使われるようになったのは、紀元前3000年頃の古代エジプトといわれており、非常に古い歴史をもつアクセサリーの一つです。日本でも縄文時代には、貝殻で作られた「貝輪」がすでに使われていたことがわかっています。

ブレスレットが誕生した当初は、宗教や呪術的な意味で使われていたといわれていますが、現在はおしゃれを楽しむアクセサリーの一つとして世界中で使われています。

バングルとの違いは?

バングルはブレスレットの一種です。

一般的に留め具がついているのに対して、留め具がなく外枠の形が変化しないブレスレットが「バングル」と呼ばれます。

しかし、バングルもブレスレットの一種なので「ブレスレット」と呼ばれることも多いです。

ちなみに、ブレスレットと名前が似ている「アンクレット」は、足首につけるアクセサリーのことをいいます。

他にはどんな種類がある?

ブレスレットには、バングル以外にも様々な種類があります。

例えば、チェーンが連なっているタイプの「チェーンブレスレット」、中心にプレートがついている「プレートブレスレット」、革を用いて作られた「レザーブレスレット」などがあります。

その他にも、ダイヤモンドが一連にセットされた「テニスブレスレット」、チャームがついた「チャームブレスレット」、天然石などを等間隔に並べた「ステーションブレスレット」、蝶番のような開閉式の留め具が付いた「ヒンジブレスレット」など様々です。

右手と左手どっちにつける?

ブレスレットを右手と左手どちらにつけるべきか迷ったことがある方も多いと思いますが、右手と左手どちらでも大丈夫です。

右手は、エネルギーを放出するといわれています。また、左脳と繋がる手であるため、思考力や行動力が上がるといわれているため、大事な場面など自分自身の力を発揮したいときにおすすめです。

左手は、反対にエネルギーを吸収するといわれています。そのため、気持ちを落ち着けたい場合や恋愛運や健康運といった運気アップをしたい場合におすすめです。

右利きの方は左手につけるといったように、実用性を考えてつける手を決めるのも◎

シルバーカラーのネックレスの素材は?

シルバーカラーのアクセサリーの素材にはシルバー、ホワイトゴールド、プラチナがあります。

シルバー

シルバーのアクセサリーは、ご存知の通り銀を用いて作られています。銀は柔らかい金属なので加工がしやすく、酸化しにくいことから錆びにくく、古くからアクセサリーの素材として使われてきました。お手入れを怠ると「硫化」と呼ばれる現象が起きて表面がくすんでしまいますが、磨き直すことで新品同様の輝きを取り戻すことが出来ます。

アクセサリーの多くは純度92.5%の「スターリングシルバー」と呼ばれる合金が用いられています。銀以外の7.5%は銅やニッケルが用いられることが多いですが、ニッケルは金属アレルギーを起こしやすい金属のため、近年は使われないことが多いです。

なお、安価なアクセサリーは「シルバープレート(Silver-Plated)」という銀メッキの製品が多く、メッキが剥がれて劣化しやすいので要注意です。製品情報をしっかり確認しましょう。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドは、純金に銀やニッケル系またはパラジウム系の白色金属などを混ぜた合金です。第一次世界大戦中にロシアからのプラチナの輸入が途絶えたことが原因でヨーロッパで生み出された背景を持つことから、プラチナに近い白金色をしています。ピアスの場合、金の含有量が42%の10金と、75%の18金の製品が主流です。

ニッケル系またはパラジウム系の金属は固い部類の金属であり、ホワイトゴールドは純金よりも固く、比較的劣化に強い特徴を持ちます。また、希少性の高いプラチナより安価で軽いので、気軽に身に着けやすく、長時間身に着けていても負担を感じにくいです。

ただし、ホワイトゴールドと言っても、地色はほんのり黄色がかっており、綺麗な銀色にするためにロジウムという金属でメッキ加工されています。ロジウムのメッキが剥がれると色が変わって見えてしまうので丁寧に扱う必要があります。また、ニッケル系またはパラジウム系の金属は金属アレルギーが出やすいので、金属アレルギー持ちの方は要注意です。

プラチナ

プラチナは日本語では「白金」と呼ばれる金属で、白い輝きを持ち、錆びにくく頑丈な金属として知られており、金属アレルギーを起こしにくい金属としても知られています。化学反応が起きにくい安定した金属なので変色も起きにくく、お手入れも簡単です。

ピアスなどの製品で使われるプラチナの割合は、以下のように分類されています。

  • プラチナの割合約99%:Pt999

  • プラチナの割合約95%:Pt950

  • プラチナの割合約90%:Pt900

  • プラチナの割合約85%:Pt850

含有量の違いで値段や品質はもちろん、色合いにも差が生じます。ダイヤモンドを用いたアクセサリーはプラチナと組み合わせたものが多いです。

希少性の高い金属であるプラチナは非常に高価なため、プラチナを用いたアクセサリーは高価な製品が多く、純度の高いPt950のプラチナとダイヤモンドを組み合わせたものは10万円以上の価格の製品がほとんどです。
一方で、Pt900のプラチナを用いた小ぶりなモチーフのアクセサリーは1万円程度で手に入るものもあります。

ブレスレットの選び方

素材から選ぶ

ブレスレットに限らず、アクセサリーを選ぶ際、一番大きいのは素材の違いでしょう。見た目はもちろん、素材次第で値段も大きく変わります。また、金属アレルギーがある場合にはその素材を避ける必要があります。

モチーフだけでなく、素材も印象を大きく左右します。希少価値が高いものの変色や錆びに強いプラチナや、
華やかな輝きを放つゴールド系、カジュアルな装いによく合って使いやすいものの劣化しやすいシルバーなどがあります。

デザインから選ぶ

ブレスレットのデザインは豊富で、様々なデザインがありますが、宝石や天然石の色合い、モチーフの形で選ぶという方も多いですよね。また、すでに紹介した通り、素材の種類もデザインの違いに大きく関係します。

天然石や宝石などのモチーフは存在感があり良く目立つため、身に着けた時に印象が大きく変わるので、一番大きな要素とも言えます。定番の星形以外にも四つ葉のクローバーや馬蹄形、動植物、幾何学模様など様々なモチーフがあります。

なお、十字架などモチーフのデザインは好き嫌いがあるので、プレゼントの場合は注意が必要です。

サイズから選ぶ

ブレスレットはサイズも重要です。

男性の場合基本的には18センチ〜21センチが一般的な大きさで、手首周りの長さ+1センチ〜2センチの大きさを選ぶのが良いといわれています。

例えば、手首周り+1センチであれば、ぴったりめの大きさなので、きちっとした印象を与えます。ただし、留め具があるタイプだとつけにくいと感じる方も多いです。

手首周り+1.5センチは、少しゆとりができるので、留め具のつけはずしもしやすく、日常使いしやすいです。
手首周り+2センチは、かなりゆとりができるので、手元が華奢に見えます。ブレスレットの存在感もでるのでおしゃれを楽しみたい人にも◎

使用場面(TPO)で選ぶ

ブレスレットは、普段使い以外にもパーティーなどの服装規定があるような場面で身に着けることもできます。そのため、使用場面に合わせて選ぶという方も多いです。

例えば、結婚式にブレスレットを使いたいといった場合は、上品でさりげないものを選ぶのが良いでしょう。パールや翡翠といった落ち着いた輝きのブレスレットを選ぶのもおすすめです。

渡す相手の好みや年代から選ぶ

ブレスレットをプレゼント用に選ぶ場合、当たり前ですが自分の趣味を押し付けるのではなく、渡す相手の好みや年代を考えて選んでみましょう。

普段よく合う相手ならばさりげなく服装をチェックしてみましょう。華やかなものを好む方や、シンプルなものを好む方など、人の好みは様々です。過去に一緒に撮った写真などを振り返ってみても良いでしょう。

価格から選ぶ

ブレスレットをなかなか選ぶことが出来ないときは、価格から選ぶのも手です。膨大な種類がありますが、通販サイトなどで探す際は価格を絞るとぐっと探しやすくなります。

また、プレゼント用でも価格を考慮するのはとても大事なことです。友人などの知り合いに高価すぎるものを渡してしまうと相手が負担に感じてしまうかもしれません。過去にプレゼントをもらったことのある相手ならば、同じ価格帯にするのがおすすめです。

ブランドから選ぶ

信頼がおける有名ブランドから選ぶという方法もあります。ブランドによってデザインの特徴や価格帯があるので、好みのデザインや予算の限度がある場合には欲しいブランドを先に決めるとスムーズに決められます。

また、修理やクリーニングなどのアフターサービスもしっかりしているブランドであれば長く愛用することが出来ます。

シルバーのメンズブレスレットブランド【ジュエリー】

まずはじめに、シルバーのメンズブレスレットを手掛けている、有名ジュエリーブランドを紹介します。

Chrome Hearts(クロムハーツ)

Chrome Hearts(クロムハーツ)は、アメリカのハリウッドに拠点を置く高級ジュエリーブランドです。リチャード・スターク(Richard Stark)によって、1988年にアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスで設立されました。

クロムハーツの主要な製品には、シルバージュエリー、レザーグッズ、アパレル、サングラス、腕時計などがありますが、特にシルバー925などの上質な素材を使用したシルバージュエリーが有名です。

骸骨、クロス、ダガー(短剣)、スパイク、レザーなどのマニッシュなモチーフを多用し、ロックスタイルやバイカースタイルの要素が強く男性に人気がある高級ブランドの一つで、ごつめの男らしいデザインが揃っています。

LONE ONES(ロンワンズ)

LONE ONES(ロンワンズ)は、1996年に誕生したアクセサリーブランドです。

ロンワンズの創業者であるレナードカムホート/ロンワンズは、クロムハーツ創業時のメンバーのひとりでもあり、ロンワンズはクロムハーツと並ぶシルバーアクセサリーの世界三大ブランドとして人気です。

男らしさを感じる力強いデザインをはじめ、大人の男性の魅力を引き立てる繊細なデザインまで様々で、品質も高いため本物志向の男性からも絶大な支持を得ています。

GIGOR (ジゴロウ)

GIGOR (ジゴロウ)は、日本のシルバーアクセサリーブランドです。

ジゴロウでは、性別や時代に左右されることなく使えるアクセサリーを数多く手掛けています・優美な曲線やシルバーの光沢はジゴロウならではで、まさに日本を代表するシルバーアクセサリーブランドといえます。

デザイン性が高く品質も高いので、本物志向の男性にもおすすめです。

BVLGARI(ブルガリ)

BVLGARI(ブルガリ)は、1884年にギリシャ系イタリア人のソティリオ・ブルガリ(Sotirio Bulgari)によってイタリア・ローマで創業された高級宝飾品ブランドです。ブルガリは高級宝飾店として開業しましたが、現在では腕時計や香水もとても有名になっています。

ブルガリの製品には、宝石の輝きと魅力、洗練されたデザイン、そして古代ローマの影響を感じさせるイタリアンエレガンスが結びついており、ラグジュアリー愛好家やファッション愛好家から高い評価を受けています。

ブルガリの製品はデザイン性の高さはもちろんのこと、熟練したイタリアの職人が手掛けており、品質の高さからみても安心して長く使うことができます。20代〜60代と愛用者は多く、男性にも馴染みのあるブランドでしょう。

Tiffany & Co.(ティファニー)

Tiffany & Co.(ティファニー&カンパニー)は、チャールズ・ルイス・ティファニー(Charles Lewis Tiffany)らによって1837年にアメリカ合衆国・ニューヨークで設立されました。高品質な宝飾品や銀などを使用した贈答用の製品で世界的に有名なジュエリーブランドです。

ティファニーのジュエリーはシンプルでエレガントなデザインが特徴的です。ダイヤモンド、パール、宝石などを使った幅広いジュエリーは、贈り物や特別な機会の記念品として非常に人気があり、一生ものジュエリーとして選ばれることも多いです。

ティファニーはレディースに人気のあるブランドの一つですが、メンズ用のジュエリーも手掛けており、シンプルで高級感のアイテムはお揃いにするのもおすすめです。

TOM WOOD(トム・ウッド)

TOM WOOD(トム・ウッド)は、デザイナーのモナ・ヤンセン(Mona Jensen)によって2013年にノルウェーの首都オスロで立ち上げられたブランドです。

近年では、国内のセレクトショップや雑誌などで多く取り上げられ、注目度が増してるブランドです。

ジュエリーは、丸型や四角い台座に家紋等の刻印が施された「シグネットリング」を現代的に再解釈したリングコレクションが有名で、程よいエッジとエレガントさのあるデザインが人気で、北欧ならではのミニマリズムも感じられます。日常の装いから特別なイベントまで幅広く着用でき、シンプルさゆえにトレンドに左右されない魅力があります。

LION HEART(ライオンハート)

LION HEART(ライオンハート)は、1996年に設立された日本のアクセサリーブランドで、主にメンズ向けのアクセサリーを提供しています。

比較的リーズナブルな価格帯と強さを感じるエッジの効いたデザインで若者を中心に幅広い支持を受けています。アーティストや芸能人とのコラボレーションアイテムを多く発表し、ファッションブランドとのコラボレーションアイテムも展開しており、多彩なアクセサリーがラインナップされています。

幅広い価格帯のアクセサリーが揃っているので、予算に合わせて選びやすくなっています。

VIVIFY(ビビファイ)

VIVIFY(ビビファイ)は、日本のアクセサリーブランドです。

ビビファイでは、世界中の街の雰囲気や民族からインスピレーションを得たデザインのシルバーアクセサリーを手掛けています。シルバーだけではなく、レザーやブラス、銅といった様々な素材を組み合わせることで、個性を主張するアイテムになっています。

シンプルでどんなシーンでも使いやすいデザインも多く、幅広い年齢層の方から人気があります。

VALUABLE(バリアブル)

VALUABLE(バリアブル)は、日本のアクセサリーブランドです。実店舗はありませんが、楽天などのインターネット通販サイトでは度々ランキング1位になるなど注目を集めています。

メンズネックレスには、18金やプラチナ高級感のある素材を使い、存在感があるおしゃれなデザインのものが多く、金属アレルギーの方でもつけられるアイテムも数多く手掛けています。

幅広い年齢層の方におすすめのブランドの一つです。

ジュエリー工房アトラス

ジュエリー工房アトラスは、1991年創業の、山梨県に本社を置く有限会社アトラスが手掛ける、オンライン専売のアクセサリーショップです。オンラインショップでは日本最大級の品ぞろえで、様々なデザインのアクセサリーを探すことができます。

とにかく品ぞろえが豊富で、プチプラアクセから数十万円するハイジュエリーまで何でも探すことができます。

アレルギーが起こりにくいといわれているpt900を用いたブレスレットもあり、シンプルなデザインなので様々な場面で使いやすいです。

シルバーのメンズブレスレットブランド【ファッション】

続いて、シルバーのメンズブレスレットを手掛けているファッションブランドを紹介します。

Paul Smith(ポール・スミス)

Paul Smith(ポール・スミス)は、同名のデザイナーによって1970年にイギリス・ノッティンガムで設立された世界的な有名なファッションブランドで、その独自のスタイルと、遊び心あふれるカラフルなデザインが特徴です。

ポール・スミスの主要な製品は、アパレル、アクセサリー、靴、バッグですが、ジュエリーも取り扱っています。ジュエリーはシルバーやゴールドを使用したシンプルなデザインで比較的手に取りやすい価格のものが多です。また、一部カラフルなモチーフを持つものもあります。

男性に人気のブランドなので、恋人へのプレゼントにもおすすめです。

Beams(ビームス)

Beams(ビームス)は、1976年に設楽悦三が東京・原宿で開業した洋品店を出発点としたセレクトショップで、現在では自社生産のファッションアイテムを手掛けるブランドでもあります。

幅広い年齢層向けのアパレルを取り扱っていますが、ブランドのファッションスタイルは多様で、クラシックなテイストからストリートウェア、カジュアル、アートファッションまで幅広いファッションスタイルを提供しています。

ジュエリーもシルバーなどを使ったカジュアルなデザインの製品を多く扱っており、1万円以内で購入できるリーズナブルなものもあるため学生からも高い支持を得ています。

UNITED ARROWS(ユナイテッド・アローズ)

UNITED ARROWS(ユナイテッド・アローズ)は、1989年に元ビームス(BEAMS)社員の重松理らがビームスからバイヤー30名を引き連れ離脱する形で立ち上げたセレクトショップです。現在は自社生産のブランド品も多く扱っています。

こちらも幅広い年齢層向けのアパレルを取り扱っていますが、ブランドのファッションスタイルは比較的落ち着いたデザインが多いです。手掛けているジュエリーはオフィスなどで普段使いできるものや、お出かけで気軽につけることの出来るものまでたくさんの種類を取り揃えています。

URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)

URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)は「株式会社アーバンリサーチ」が展開している日本のファッションブランドです。

ブランド名の「URBAN」には都市、「RESEARCH」には研究という意味があり、「様々な都市をリサーチしてセレクトする」という思いが込められています。

アーバンリサーチの人気アイテムは、Tシャツやポロシャツ、パンツ、ベルト、シューズやサンダルなどですが、シンプルで使いやすいシルバーアクセサリーなども幅広く手掛けています。

シルバーのメンズブレスレットブランド【ハイブランド】

最後に、シルバーのメンズブレスレットを手掛けているハイブランドを紹介します。

Hermès(エルメス)

Hermès(エルメス)は、ティエリー・エルメス(Thierry Hermès)によって、1837年にフランス・パリで設立されました。当初は馬具や乗馬用品の製造業者でしたが、その高品質な革製品で評判を築き、ファッションと宝飾品の分野にも進出して世界的なラグジュアリーブランドとして成長しました。

エルメスは、高級バッグ、レザーグッズ、アパレル、スカーフ、宝飾品、香水、ウォッチなど幅広く手掛けていますが、「バーキン(Birkin)」と「ケリー(Kelly)」と呼ばれるモデルのバッグが有名です。

ジュエリーではエルメスの「H」マークをかたどったものが人気で、シルバーやゴールド、ダイヤモンドを使ったシンプルかつエレガントなデザインが特徴的です。

Gucci(グッチ)

Gucci(グッチ)は、グッチオ・グッチ(Guccio Gucci)によって、1921年にイタリアのフィレンツェで設立されました。

高品質な革製品、特に馬具や皮革製品を製造・販売から始まり、現在では、バッグ、靴、アパレル、サングラス、香水、時計、ジュエリーなど、取り扱う製品は幅広いラインナップとなっています。

ジュエリーのデザインにはクラシックな要素とモダンな要素が組み合わされており、ブランドの象徴である2つのGが重なったロゴがジュエリーにも取り入れられ、そのデザインはファッション愛好家にとって魅力的な選択肢となっています。

CELINE(セリーヌ)

CELINE(セリーヌ)は、セリーヌ・ヴィペンスティール(Céline Vipiana)によってフランスのパリで設立された高級ファッションブランドです。

最初は子供服専門店としてスタートしましたが、1960年代からは成人女性向けの服、バッグ、アクセサリーなども手掛けるようになり、高品質なレディースファッションブランドへと成長しました。

セリーヌが手掛ける製品はエレガントなデザインが多く、ジュエリーもゴールドを使用したきらびやかなデザインで、一生物ジュエリーとして選ばれることも多いです。

Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)

Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)は、1966年にイタリアのヴェネト地方のヴィチェンツァでミケーレ・タッデイとレンツォ・ゼンジアーロによって設立された高級ファッションブランドです。

その洗練されたレザーグッズ、特に細長い革素材をメッシュ状に編み込んだ「イントレチャート」が世界的に知られています。

ボッテガ・ヴェネタが扱っているジュエリーは、シルバーやゴールド、宝石を使用した、モダンでクラシックなデザインが多く見られます。

BALENCIAGA(バレンシアガ )

BALENCIAGA(バレンシアガ)は、クリストバル・バレンシアガ(Cristóbal Balenciaga)によって、1919年にスペインのサン・セバスティアンで設立された高級ファッションブランドです。その後、バレンシアガはフランスに拠点を移し、パリで国際的なファッションブランドとして成長しました。

バレンシアガの主要な製品には、アパレル、ハンドバッグ、靴、アクセサリーなどで、モダンでシンプルかつ斬新なデザインで、ストリートファッションの要素と高級感を組み合わせたスタイルが特徴的です。

ジュエリーもブランドのファッションスタイルと調和するようなデザインが見られます。

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)は、1988年にベルギー生まれのファッションデザイナーMartinMargiela(マルティン・マルジェラ)によって設立されたパリを拠点とする高級ファッションブランドです。

メゾンマルジェラは、高級志向が世間で人気を集めていた時代にあえて貧困層に見える古着を活かした作品を作るなどファッション界に大きな影響を与え、現在でも人気のアイテムを次々と世に送り出しています。

ジュエリーにおいては、ミニマルながらも存在感を発揮する時代に関係なく使えるデザインのアイテムを多く手掛けています。主張しすぎないデザインで男女兼用で使うこともできます。