1. Fily
  2. Fashion
  3. 30代男性におすすめブレスレット人気ブランド23選

30代男性におすすめブレスレット人気ブランド23選

公開日

更新日

30代男性におすすめブレスレット人気ブランド23選

本記事では、30代におすすめのメンズブレスレットを手掛けているブランドを紹介します。

ブレスレットについて

手首につけるアクセサリー

ブレスレットとは、手首や腕につける帯や鎖などの輪っか状になっているアクセサリーの総称で、「腕輪」とも呼ばれます。

ブレスレットが使われるようになったのは、紀元前3000年頃の古代エジプトといわれており、非常に古い歴史をもつアクセサリーの一つです。日本でも縄文時代には、貝殻で作られた「貝輪」がすでに使われていたことがわかっています。

ブレスレットが誕生した当初は、宗教や呪術的な意味で使われていたといわれていますが、現在はおしゃれを楽しむアクセサリーの一つとして世界中で使われています。

バングルとの違いは?

バングルはブレスレットの一種です。

一般的に留め具がついているのに対して、留め具がなく外枠の形が変化しないブレスレットが「バングル」と呼ばれます。

しかし、バングルもブレスレットの一種なので「ブレスレット」と呼ばれることも多いです。

ちなみに、ブレスレットと名前が似ている「アンクレット」は、足首につけるアクセサリーのことをいいます。

他にはどんな種類がある?

ブレスレットには、バングル以外にも様々な種類があります。

例えば、チェーンが連なっているタイプの「チェーンブレスレット」、中心にプレートがついている「プレートブレスレット」、革を用いて作られた「レザーブレスレット」などがあります。

その他にも、ダイヤモンドが一連にセットされた「テニスブレスレット」、チャームがついた「チャームブレスレット」、天然石などを等間隔に並べた「ステーションブレスレット」、蝶番のような開閉式の留め具が付いた「ヒンジブレスレット」など様々です。

右手と左手どっちにつける?

ブレスレットを右手と左手どちらにつけるべきか迷ったことがある方も多いと思いますが、右手と左手どちらでも大丈夫です。

右手は、エネルギーを放出するといわれています。また、左脳と繋がる手であるため、思考力や行動力が上がるといわれているため、大事な場面など自分自身の力を発揮したいときにおすすめです。

左手は、反対にエネルギーを吸収するといわれています。そのため、気持ちを落ち着けたい場合や恋愛運や健康運といった運気アップをしたい場合におすすめです。

右利きの方は左手につけるといったように、実用性を考えてつける手を決めるのも◎

ブレスレットの選び方

素材から選ぶ

ブレスレットに限らず、アクセサリーを選ぶ際、一番大きいのは素材の違いでしょう。見た目はもちろん、素材次第で値段も大きく変わります。また、金属アレルギーがある場合にはその素材を避ける必要があります。

モチーフだけでなく、素材も印象を大きく左右します。希少価値が高いものの変色や錆びに強いプラチナや、華やかな輝きを放つゴールド系、カジュアルな装いによく合って使いやすいものの劣化しやすいシルバーなどがあります。

デザインから選ぶ

ブレスレットのデザインは豊富で、様々なデザインがありますが、宝石や天然石の色合い、モチーフの形で選ぶという方も多いですよね。また、すでに紹介した通り、素材の種類もデザインの違いに大きく関係します。

天然石や宝石などのモチーフは存在感があり良く目立つため、身に着けた時に印象が大きく変わるので、一番大きな要素とも言えます。定番の星形以外にも四つ葉のクローバーや馬蹄形、動植物、幾何学模様など様々なモチーフがあります。

なお、十字架などモチーフのデザインは好き嫌いがあるので、プレゼントの場合は注意が必要です。

サイズから選ぶ

ブレスレットはサイズも重要です。

男性の場合基本的には18センチ〜21センチが一般的な大きさで、手首周りの長さ+1センチ〜2センチの大きさを選ぶのが良いといわれています。

例えば、手首周り+1センチであれば、ぴったりめの大きさなので、きちっとした印象を与えます。ただし、留め具があるタイプだとつけにくいと感じる方も多いです。

手首周り+1.5センチは、少しゆとりができるので、留め具のつけはずしもしやすく、日常使いしやすいです。
手首周り+2センチは、かなりゆとりができるので、手元が華奢に見えます。ブレスレットの存在感もでるのでおしゃれを楽しみたい人にも◎

使用場面(TPO)で選ぶ

ブレスレットは、普段使い以外にもパーティーなどの服装規定があるような場面で身に着けることもできます。そのため、使用場面に合わせて選ぶという方も多いです。

例えば、結婚式にブレスレットを使いたいといった場合は、上品でさりげないものを選ぶのが良いでしょう。パールや翡翠といった落ち着いた輝きのブレスレットを選ぶのもおすすめです。

渡す相手の好みや年代から選ぶ

ブレスレットをプレゼント用に選ぶ場合、当たり前ですが自分の趣味を押し付けるのではなく、渡す相手の好みや年代を考えて選んでみましょう。

普段よく合う相手ならばさりげなく服装をチェックしてみましょう。華やかなものを好む方や、シンプルなものを好む方など、人の好みは様々です。過去に一緒に撮った写真などを振り返ってみても良いでしょう。

価格から選ぶ

ブレスレットをなかなか選ぶことが出来ないときは、価格から選ぶのも手です。膨大な種類がありますが、通販サイトなどで探す際は価格を絞るとぐっと探しやすくなります。

また、プレゼント用でも価格を考慮するのはとても大事なことです。友人などの知り合いに高価すぎるものを渡してしまうと相手が負担に感じてしまうかもしれません。過去にプレゼントをもらったことのある相手ならば、同じ価格帯にするのがおすすめです。

ブランドから選ぶ

信頼がおける有名ブランドから選ぶという方法もあります。ブランドによってデザインの特徴や価格帯があるので、好みのデザインや予算の限度がある場合には欲しいブランドを先に決めるとスムーズに決められます。

また、修理やクリーニングなどのアフターサービスもしっかりしているブランドであれば長く愛用することが出来ます。

30代におすすめメンズブレスレットブランド【ジュエリー】

まずはじめに、30代におすすめのメンズブレスレットを手掛けている、有名ジュエリーブランドを紹介します。

BVLGARI(ブルガリ)

BVLGARI(ブルガリ)は、1884年にギリシャ系イタリア人のソティリオ・ブルガリ(Sotirio Bulgari)によってイタリア・ローマで創業された高級宝飾品ブランドです。ブルガリは高級宝飾店として開業しましたが、現在では腕時計や香水もとても有名になっています。

ブルガリの製品には、宝石の輝きと魅力、洗練されたデザイン、そして古代ローマの影響を感じさせるイタリアンエレガンスが結びついており、ラグジュアリー愛好家やファッション愛好家から高い評価を受けています。

ブルガリの製品はデザイン性の高さはもちろんのこと、熟練したイタリアの職人が手掛けており、品質の高さからみても安心して長く使うことができます。20代〜60代と愛用者は多く、男性にも馴染みのあるブランドでしょう。

Chrome Hearts(クロムハーツ)

Chrome Hearts(クロムハーツ)は、アメリカのハリウッドに拠点を置く高級ジュエリーブランドです。リチャード・スターク(Richard Stark)によって、1988年にアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスで設立されました。

クロムハーツの主要な製品には、シルバージュエリー、レザーグッズ、アパレル、サングラス、腕時計などがありますが、特にシルバー925などの上質な素材を使用したシルバージュエリーが有名です。

骸骨、クロス、ダガー(短剣)、スパイク、レザーなどのマニッシュなモチーフを多用し、ロックスタイルやバイカースタイルの要素が強く男性に人気がある高級ブランドの一つで、幅広い年齢層の男性が愛用しています。

Tiffany & Co.(ティファニー)

Tiffany & Co.(ティファニー&カンパニー)は、チャールズ・ルイス・ティファニー(Charles Lewis Tiffany)らによって1837年にアメリカ合衆国・ニューヨークで設立されました。高品質な宝飾品や銀などを使用した贈答用の製品で世界的に有名なジュエリーブランドです。

ティファニーのジュエリーはシンプルでエレガントなデザインが特徴的です。ダイヤモンド、パール、宝石などを使った幅広いジュエリーは、贈り物や特別な機会の記念品として非常に人気があり、一生ものジュエリーとして選ばれることも多いです。

ティファニーはレディースに人気のあるブランドの一つですが、メンズ用のジュエリーも手掛けており、シンプルで高級感のアイテムはお揃いにするのもおすすめです。

TOM WOOD(トム・ウッド)

TOM WOOD(トム・ウッド)は、デザイナーのモナ・ヤンセン(Mona Jensen)によって2013年にノルウェーの首都オスロで立ち上げられたブランドです。近年では、国内のセレクトショップや雑誌などで多く取り上げられ、注目度が増してるブランドです。

ジュエリーは、丸型や四角い台座に家紋等の刻印が施された「シグネットリング」を現代的に再解釈したリングコレクションが有名で、程よいエッジとエレガントさのあるデザインが人気です。北欧ならではのミニマリズムも感じられ、日常の装いから特別なイベントまで幅広く着用できます。シンプルさゆえにトレンドに左右されない魅力があり、30代男性にぴったりです。

SYMPATHY OF SOUL(シンパシーオブソウル)

SYMPATHY OF SOUL(シンパシーオブソウル)は、日本のアクセサリーブランドです。

シンパシーオブソウルでは、「心と時代に共鳴するジュエリー」をブランドコンセプトに長く愛され続けられるアクセサリーを数多く手掛けています。

シンパシーオブソウルのアクセサリーは、メディアに取り上げられることも多く、トレンドに敏感な男性からも高い人気を得ています。ブレスレットにおいては、落ち着いたデザインが多く30代など大人世代の愛用者も多いです。

LONE ONES(ロンワンズ)

LONE ONES(ロンワンズ)は、1996年に誕生したアクセサリーブランドです。

ロンワンズの創業者であるレナードカムホート/ロンワンズは、クロムハーツ創業時のメンバーのひとりでもあり、ロンワンズはクロムハーツと並ぶシルバーアクセサリーの世界三大ブランドとして人気です。

男らしさを感じる力強いデザインをはじめ、大人の男性の魅力を引き立てる繊細なデザインまで様々で、品質も高いため本物志向の男性からも絶大な支持を得ています。

JAM HOME MADE(ジャム・ホーム・メイド)

JAM HOME MADE(ジャム・ホーム・メイド)は、1998年に東京で設立されたブライダルリング、ジュエリー、アクセサリーを中心に企画・製造・販売を行うブランドです。

その名前は即興演奏を指す「JAM SESSION」の"JAM"に由来し、一つの空間の中で様々な音がシンクロしていく感覚を、人とモノの関係にも置き換える思いが根底にあります。

シンプルなデザインから、ディズニーキャラクターとのコラボ商品もあるなど様々なアイテムがあり、ペアブレスレットとしても人気があるブランドです。

Bill Wall Leather (ビルウォールレザー)

Bill Wall Leather (ビルウォールレザー)は、1985年に誕生したアクセサリーブランドです。

ビルウォールレザーでは、シルバーとレザーを用いて作られたアクセサリーを中心に展開しています。シルバーアクセサリーといえば、クロムハーツが圧倒的人気を誇りますが、実はクロムハーツよりも古い歴史を持つのがビルウォーズレザーです。

古くから多くの著名人が愛用しているブランドとしても知られており、30代など大人世代の男性から人気があります。

BELIEVEINMIRACLE (ビリーブインミラクル)

BELIEVEINMIRACLE (ビリーブインミラクル)は、日本のアクセサリーブランドです。

ブランド名の「BELIEVEINMIRACLE」は、英語で「奇跡を信じる」という意味があり、身につけることで幸運を呼び寄せるようなアイテム作りを行っています。

デザイン性の高さはもちろんのこと、機械を使わずに少量生産されているため、希少価値もあります。人と被らないおしゃれなアクセサリーをお求めの方にもおすすめです。

M・A・R・S(マーズ)

M・A・R・S(マーズ)は、1990年に誕生した日本のアクセサリーブランドです。

マーズを立ち上げたのはデザイナー米山庸二氏です。「Sencitivity Effect」をブランドコンセプトにデザイン性だけではなく機能性にもこだわった様々なアクセアリーを幅広く展開しています。

ゴールドやダイヤモンドなど高品質な素材を使って作られたアイテムも多く、幅広い年齢層の方から人気があります。

ZOCALO(ソカロ)

ZOCALO(ソカロ)は、日本のアクセサリーブランドです。

「ZOCALO」というブランド名は、メキシコの街中にある広場「ソカロ」が由来になっています。

ソカロが手掛けるアクセサリーは、世界中の宗教や文化遺産をおチーフとしており、スピリチュアルな雰囲気が感じられます。細部にまでこだわって作られているためデザイン性も高く幅広い年齢層の男性から高い評価を得ています。

WOLFMAN BRS(ウルフマンブラザース)

WOLFMAN BRS(ウルフマンブラザース)は、1980年代に誕生したブランドです。

ウルフマンブラザーズはバンドマンによって立ち上げられたブランドで、音楽活動を通じて知ったアメリカンの文化や宗教、スコットランドの先住民族の伝説などからインスパイアされた様々なデザインのアイテムを数多く手掛けています。

ブランド名にもあるように狼をメインモチーフとしており、そこにケルト戦士の伝説などを融合させています。デザイン性が高く、幅広い年齢層の男性から人気があります。

30代におすすめメンズブレスレットブランド【ファッション】

続いて、30代におすすめのメンズブレスレットを手掛けているファッションブランドを紹介します。

Paul Smith(ポール・スミス)

Paul Smith(ポール・スミス)は、同名のデザイナーによって1970年にイギリス・ノッティンガムで設立された世界的な有名なファッションブランドで、その独自のスタイルと、遊び心あふれるカラフルなデザインが特徴です。

ポール・スミスの主要な製品は、アパレル、アクセサリー、靴、バッグですが、ジュエリーも取り扱っています。ジュエリーはシルバーやゴールドを使用したシンプルなデザインで比較的手に取りやすい価格のものが多です。また、一部カラフルなモチーフを持つものもあります。

男性に人気のブランドなので、30代の恋人へのプレゼントにもおすすめです。

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)は、イタリア・ミラノに本社を置くファッションブランドで、1975年にジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)によって設立されました。ブランドはメインとなるアパレル、化粧品のほか、リゾート開発、高級レストラン、チョコレート商品など多岐にわたります。

「アルマーニ」というブランドはなく、メインブランドの「ジョルジオ・アルマーニ」(GA)と、工場生産品が主で比較的手ごろな価格の製品が揃うセカンドラインの「エンポリオ・アルマーニ」(EA)の2つがメインです。

アルマーニのジュエリーは洗練されたデザインで、シンプルでエレガントなものが人気です。値段は手の届きやすい価格のものから数万円のものまで様々です。

RALPH LAUREN(ラルフ ローレン)

RALPH LAUREN(ラルフ ローレン)は、1968年にデザイナーのラルフ・ローレン氏が自身の名を冠に立ち上げたファッションブランドです。

ラルフローレンでは、イギリスの伝統的なファッションを元にしたアメリカントラッドなデザインです。

ラルフローレンといえば、ロゴが入ったシャツなどのアイテムが人気ですが、ジュエリーも手掛けています。ジュエリーににおいては、シンプルながら存在感のあるデザインのものなどがあります。誰もが知る人気ブランドの一つなので、プレゼントにもおすすめです。

FRED PERRY(フレッドペリー)

FRED PERRY(フレッドペリー)は、イギリスのテニス選手であるFred Perry(フレッド・ペリー)にちなんで名付けられたブランドで、1952年に設立されました。

ブランドのアイコンであるローレルリーフのロゴが特徴的です。フレッドペリーは、スポーツウェアとカジュアルファッションが融合したクラシックでモダンなスタイルが愛されており、人気のアイテムはポロシャツです。ラルフローレン、ラコステと並ぶポロシャツ御三家として有名です。

フレッドペリーはジュエリーも手掛けており、大人でトラディショナルなデザインが特徴です。

DIESEL(ディーゼル)

DIESEL(ディーゼル)は、1978年にRenzo Rosso(レンツォ・ロッソ)によってイタリアで設立されたブランドです。

ブランド名の由来はディーゼルエンジンで、パワフルでエネルギッシュなスタイルを象徴しています。

ディーゼルは、ラグジュアリー感がありながらカジュアルに使用できるデザインの製品を数多く展開しており、「プレミアム・カジュアル・ウェア」というカテゴリーを築きあげています。ウェアを中心に展開していますが、ジュエリーも手掛けており、ワイルドな印象を与えるデザインのメンズ向けのブレスレットなどがあります。

IL BISONTE (イル ビゾンテ)

IL BISONTE (イル ビゾンテ)は、イタリアの皮革製品ブランドです。

イル ビゾンテでは、「雨がふればどちらも濡れ、晴れればどちらも日にあたり、あなたが日焼けすれば、バッグも日に焼けます。あなたのイルビゾンテはあなたの一部になります。」という創設者ワニーの言葉をコンセプトに、高品質の革を使ったバックを手掛けています。

イル ビゾンテはバックだけではなく革のブレスレットなどアクセサリーも手掛けています。バックなどと同様に経年劣化を楽しむことができるようになっているので、長く使うことができます。

30代におすすめメンズブレスレットブランド【ハイブランド】

最後に、30代におすすめのメンズブレスレットを手掛けているハイブランドを紹介します。

Gucci(グッチ)

Gucci(グッチ)は、グッチオ・グッチ(Guccio Gucci)によって、1921年にイタリアのフィレンツェで設立されました。

高品質な革製品、特に馬具や皮革製品を製造・販売から始まり、現在では、バッグ、靴、アパレル、サングラス、香水、時計、ジュエリーなど、取り扱う製品は幅広いラインナップとなっています。

ジュエリーのデザインにはクラシックな要素とモダンな要素が組み合わされており、ブランドの象徴である2つのGが重なったロゴがジュエリーにも取り入れられ、そのデザインはファッション愛好家にとって魅力的な選択肢となっています。

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)は、1854年にLouis Vuitton(ルイ・ヴィトン)がフランスのパリで設立したラグジュアリーブランドです。

ルイビトンは設立当初、世界最初の旅行鞄のアトリエでした。現在では高品質なレザーグッズやバッグ、靴、アクセサリー、アパレル、時計、ジュエリー、香水など、多岐にわたるラグジュアリーアイテムを提供しています。

ブランドの特徴は、モノグラム(LVのロゴを含む特徴的なパターン)、ダミエ(LVのチェック柄)、エピ(エナメル加工された革)、ダミエ・アズール(薄いブルーのチェック柄)などです。

Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)

Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)は、1966年にイタリアのヴェネト地方のヴィチェンツァでミケーレ・タッデイとレンツォ・ゼンジアーロによって設立された高級ファッションブランドです。

その洗練されたレザーグッズ、特に細長い革素材をメッシュ状に編み込んだ「イントレチャート」が世界的に知られています。

ボッテガ・ヴェネタが扱っているジュエリーは、シルバーやゴールド、宝石を使用した、モダンでクラシックなデザインが多く見られます。

Fendi(フェンディ)

Fendi(フェンディ)は、アデーレとエドアルド・フェンディ(Adele and Edoardo Fendi)夫妻によって設立されたイタリア・ローマ発の高級ファッションブランドです。

高品質な毛皮と革を使った製品の専門店としてスタートし、現在では幅広いファッションアイテムを手掛けています。

手掛けるアイテムはエレガントさが際立つデザインが特徴で、ジュエリーもファッションアイテムに合わせやすいきらびやかなデザインが目を引きます。また、「F」を2つ組み合わせたブランドロゴをモチーフも人気です。

Versace(ヴェルサーチ)

Versace (ヴェルサーチ)は、1978年にファッションデザイナーのジャンニ・ヴェルサーチ(Gianni Versace)によってイタリアのミラノで設立されたファッションブランドです。マドンナやレディーガガがキャンペーンモデルを務めたことでもよく知られています。

手掛けるアイテムはアパレルからバッグや香水、アクセサリーまで様々ですが、いずれもラグジュアリーかつエレガントなデザインで知られ、モード系ファッションの代表的ブランドとしても知られています。

アクセサリーもゴールドやブラックの色合いが多く、ギリシャやローマの古代美術からのインスパイアを受けたエレガントで華やかなデザインが特徴です。